「原発災害と生物・人・地域社会」シンポジウム詳細

「原発災害と生物・人・地域社会」シンポジウムに関する詳細が東洋経済オンラインにて掲載されています。

以前我々の記事でも紹介したヤマトシジミに関する続報や、ウグイス、ニホンザルへの影響に関する結果が報告されています。

以下導入部分を切り取りましたので参考にどうぞ。またリンクも張ってありますので詳細を知りたい方はそちらに進んでいただければと思います。

 

以下、記事より

福島市や全村民が避難を余儀なくされている福島県飯舘村など、福島第一原原子力発電所からの放射性物質で汚染された地域で、動物や植物に異常が多く見られることが研究者による調査で明らかになった。

3月30日に東京大学内で開催された「原発災害と生物・人・地域社会」(主催:飯舘村放射能エコロジー研究会)で、東大や琉球大学などの研究者が、ほ乳類や鳥類、昆虫、植物から見つかった異常について報告した。

福島原発周辺で「動植物異常」相次ぐ チョウやニホンザルなどに異常、研究者が被曝影響と指摘 | 産業・業界 – 東洋経済オンライン http://toyokeizai.net/articles/-/13516


コメントを残す