うなぎが食べられなくなる日

今後早急に法整備が必要かと思われます。シラスウナギが高騰している現在、密漁がひどい状態になっていると推測されます。また消費者である我々も我慢をするべきです。この部分が欠如してもダメだと思います。それは無能な消費者の奢りです。日本の文化だからこそ、守っていかなくてはいけないと思います。

ウナギが食べられなくなる日 | ナショナル ジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC) 日本版公式サイト http://nationalgeographic.jp/nng/article/20120710/315508/

 

第1回 乱獲で資源は危機的に、生息地破壊も一因 | ナショナル ジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC) 日本版公式サイト http://nationalgeographic.jp/nng/article/20120710/315512/

第2回 背景に日本の消費爆発、定着した薄利多売のビジネスモデル | ナショナル ジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC) 日本版公式サイト http://nationalgeographic.jp/nng/article/20120717/316178/

第3回 外来種輸入には多くの問題、資源管理に漁獲規制が急務 | ナショナル ジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC) 日本版公式サイト http://nationalgeographic.jp/nng/article/20120724/317095/

第4回 さらに深まるウナギの危機 歯止めかからぬ資源減少 | ナショナル ジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC) 日本版公式サイト http://nationalgeographic.jp/nng/article/20130709/357515/

それでは良い週末を。

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す