これからしばらく土星観測の好機です

2013年4月28日に丁度太陽の反対側に土星が位置する「衝」となり、現在はほぼ一晩中観測可能となっています。

そんな土星ですが、土星の輪を見るには望遠鏡が必要です。小型の望遠鏡でも輪が確認できますので観察してみてはいかがでしょうか。

位置は本日9時くらいならば乙女座のスピカとともに南東の方向に明るい土星が確認できます。都市近郊ならばこんな感じで見えると思います。

dirSaturn

望遠鏡で観測可能な環境をお持ちの方は以下のシミュレーション画像のように見えると思います。土星の衛星はタイタンくらいならば見えますが、それ以外は暗くて見えないでしょう。

exSaturn

参考までに去年320mm反射望遠鏡にて簡易撮影した動画映像を御覧ください。簡易式のため大部分でぶれていますがどんなふうに見えるかは確認できるかと思います。


コメントを残す