サイエンスカフェ『今、評価される野生サケの重要性』ご案内

来週の三連休、札幌で開催されます。興味のある方はぜひご参加ください。

 

さっぽろサケフェスタ2013にて、『今、評価される野生サケの重要性』と題してサイエンスカフェを開催します。水産総合研究センターの森田健太郎さんに「野生サケの重要性」についての研究の最前線を紹介していただきます。

サイエンスカフェ in さっぽろサケフェスタ2013

『今、評価される野生サケの重要性』
趣旨

日本のさけますの増殖事業は、これまで人工ふ化放流技術によるものが 主体となってきましたが、サケが生物種としてもつ特性と多様性を維持するために、自然産卵に対する意識が高まっています。そこで、北海道には野生のサケがどれくらいいるのか、その遺伝的な意義について、最新の研究結果から紹介します。また、190万人が住む札幌で見られる野生サケの価値と、今後の豊平川のサケのあり方について、みなさんと話し合いたいと思います。
http://www.sapporo-park.or.jp/sake/?p=2367

日時
9月23日(月・祝)14:00~14:50
場所
札幌市豊平川さけ科学館・展示ホール
(札幌市南区真駒内公園2-1)
入場無料・出入り自由・参加者多数の際は入場制限あり
問い合わせ
札幌市豊平川さけ科学館 011-582-7555

雰囲気はあくまで気軽に、でも大人の好奇心を満足する最新の情報を織り交ぜて公開します。みなさまのご参加をお待ちしています。


コメントを残す