メタンハイドレートのニュースをわかり易く

NHKのサイトですが、サイエンティフィックニュースを始め多くのニュースをわかりやすく説明しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/easy/

本日はこの中からメタンハイドレートの話を紹介します。こちら↓

http://www3.nhk.or.jp/news/easy/20121029_k10013095901000.html

メタンハイドレートとは、メタン(化学式:CH4)が圧力などにより水分子に囲まれた状態の結晶のことを言います。具体的にどのような構造になっているかというとこんなかんじです。

http://home.hiroshima-u.ac.jp/er/Resources/Image403.gif

(広島大学HPより)

大昔に海底がメタン生成菌等によってメタンガスが湧き、それが水分子に閉じ込められたものです。通常はメタンはガスとして存在しており、そのまま発生したら大気中に放出されてしまいますが、今回は採取可能な固体であることから資源として使えるのではないか、とニュースになったわけです。

またメタン生成菌がいるということはその昔海底が無酸素化して主な生物は死滅していた死の世界である、という環境であったことが示唆されています。そんな死の環境だったわけですが、そのメタンハイドレートが大量に埋蔵されていそうだ、ということが分かって来ました。比較的日本列島の沿岸に多く集中していることから他国の利権やらの争いもありません。今後もさらに多くのメタンハイドレート群が見つかる可能性もあるので、今後の資源としての活用が期待できるのです。

 


コメントを残す