ラムサール条約記念シンポジウムと嘱託職員募集のお知らせ

本日のお知らせは2件です。もし興味のある方がいらっしゃいましたら下記にお問い合わせください。
【ラムサール条約第5回締約国会議(釧路会議)開催20周年記念シンポジウム】

“ラムサール釧路会議(COP5)+20” ~20年前をふり返りつつ湿地とラムサール条約の将来を考える~

●概要
1993年にラムサール条約第5回締約国会議(COP5・通称「釧路会議」)が北海道・釧路市で開催されてから、今年で20年となります。
釧路会議は、日本国民が湿地をはじめとした自然環境とその保全への関心を飛躍的に高め、その後の市民運動と住民参加を前進させるのに大きく貢献し、
この20年で湿地の重要性やラムサール条約に対する認識は格段に向上しました。
このシンポジウムは、海外からのゲストをはじめ釧路会議に関わった方たちを交え、過去20年間の湿地に関する取組をふり返るとともに、
今後の湿地の保全と賢明な利用のあり方、ラムサール条約の役割を考えていきます。

【日時】    2013年7月4日(木) 14:00~17:00
【場所】    国連大学ウ・タント国際会議場(東京・青山)※別紙「会場地図」参照
【主催】    環境省、国連大学サステイナビリティと平和研究所(UNU-ISP)、
地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)、
ラムサールセンター(RCJ)、NPO法人日本国際湿地保全連合(WIJ)
【後援】    外務省、ラムサール条約登録湿地関係市町村会議、ラムサール条約登録湿地を増やす議員の会、
日本湿地学会、地球環境基金、経団連自然保護協議会
【協力】    ラムサール条約事務局

●参加申込方法
①オンラインフォームで申し込む
⇒日本国際湿地保全連合HPトップページ(http://japan.wetlands.org/
右上のリンク「オンラインフォームで申し込む」からお申込みください
②FAXまたはe-mailで申し込む
⇒別紙の「参加申込フォーム」に必要事項を記入してお送りください

●参加費・入場料: 無料
※ シンポジウムには日英同時通訳が付きます。
※ 終了後、2階レセプションホールでパネリストとの交流会を開催します。(会費制3,000円)

●プログラム
司会:渡辺綱男(UNU-ISPシニア・プログラム・コーディネーター、GEOCコーディネーター)
13:30-14:00 開場・受付
14:00-14:20 開会挨拶  環境省・国連大学・ラムサール条約事務局長からのビデオメッセージ
14:20-15:00 講演
Daniel Navid(元ラムサール条約事務局長)「ラムサール条約の過去・現在・未来」
Lawrence Mason(元米国魚類・野生生物局、釧路会議副議長)「釧路会議が米国における湿地保全やラムサール条約の実施に果たした役割」
15:00-15:10      休憩
15:10-17:00 パネルディスカッション
パネリスト:Daniel Navid、Lawrence Mason コーディネーター:名執芳博(WIJ会長)
中島慶二(環境省自然環境局野生生物課長)     「わが国の湿地保全と賢明な利用の取組」
鈴木 信(釧路市上下水道部長、元COP5担当者) 「釧路会議と湿地をとりまく地域の取組」
大畑孝二(日本野鳥の会チーフレンジャー) 「釧路会議とNGO、ラムサール条約湿地の変遷」
小林聡史(釧路公立大学教授、元ラムサール条約事務局員)「釧路会議後の市民とNGOの湿地保全と賢明な利用への取組の進展
17:30~19:30 パネリストとの交流会(会費制)

【嘱託職員の募集のおしらせ】
一般財団法人 自然環境研究センターでは、下記の通り平成25年7月より勤務で

きる嘱託職員を募集します。
情報の拡散等、歓迎いたします。

—————————————————-
業務内容:
A・調査補助(植生および哺乳類調査補助・データ取りまとめ等)
B・室内業務(会議準備、資料・議事録作成、研究員補助等)
C・小笠原父島勤務(野外調査・作業・データ取りまとめ等)
募集人数:それぞれ若干名

雇用期間:採用の日から平成26年3月31日まで
身    分:嘱託職員

学歴・期待される能力・経験等:

業務内容A・B・C共通
・大学卒業以上(または同等の能力・経験を有する者)
・パソコン操作(Word、Excel、Powerpoint、電子メールの送受信等)
・動植物の分類・生態や環境社会学・環境法等の専門的知識を有することが望ましい。

業務内容A
・普通自動車運転免許
・動植物の野外調査経験を有することが望ましい。
業務内容B
・英語に堪能であればなお望ましい。
業務内容C
・普通自動車運転免許
・健康で体力に自信のある方。

雇用条件:
給    与:月額180,000~210,000円(学歴、年齢、資格等を考慮)
交 通 費:全額支給
社会保険等:加入(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、傷害保険)
勤務日:月曜日~金曜日(祝祭日・年末年始を除く)。
主な勤務地:(A・B)自然環境研究センター(東京都墨田区江東橋)
宿泊を伴う出張有り。
(C)自然環境研究センター小笠原事務所(小笠原村父島)
離島での調査・作業。

応募書類:応募する仕事内容(A・B・C)を明記した自筆履歴書(写真添付)、自己アピール文書(A4、1枚)。今までの自然環境保全分野での研究・業務経験があればその概要。
(注)送付された書類は返却いたしません。

募集期限:6月23日消印有効

書類送付先・問い合わせ先:
〒130-8606 東京都墨田区江東橋三丁目3番7号 江東橋ビル
一般財団法人 自然環境研究センター
採用担当 宛
電話番号:03-6659-6310(代表)

選考方法:履歴書等の書類により一次審査を行い、一次合格者を面接して決定します。

なお、審査結果につきましては書面等でご連絡いたします。
—————————————————–

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す