ワシントン条約40周年記念シンポジウムのご案内

【トラフィックシンポジウム開催のご案内】

-ワシントン条約40周年記念シンポジウム-
『ワシントン条約の動向と日本への期待』

★条約事務局長スキャンロン氏 基調講演★

http:/www.trafficj.org/sympo.html

日本は、世界でも有数の野生生物の輸入国であることをご存知ですか?
たくさんの野生生物を世界中の国々から持ち込んでいる日本は、世界の生物多
様性の保全に対して大きな影響力を持ち、大きな責任を負っています。
この度、WWF(世界自然保護基金)とIUCN(国際自然保護連合)の共同
事業として野生生物取引をモニタリングしているトラフィックが、ワシントン条
約事務局長スキャンロン氏をお招きして、シンポジウムを開催します。野生生物
取引の課題に対する国内の啓発と国際協力を推進するとともに、日本がどのよう
に貢献していくべきなのかを考えます。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇開催概要◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■日時:2013年8月21日(水) 14:00(13:30受付開始)~17:45

■会場:東京大学 弥生講堂 一条ホール
東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内
http://www.trafficj.org/sympo-map.jpg

■参加費:無料(定員300人)

■主催:トラフィック イーストアジア ジャパン(WWFジャパン)

■後援:外務省

■参加方法:
「シンポジウム参加申込」と明記し、①お名前、②ご連絡先(EメールまたはFAX番
号)、③所属を書いてメールまたはFAXにてお申し込みください。(当日参加も可
能)

■お申込み先:トラフィック イーストアジア ジャパン
Eメール:traffic@trafficj.org FAX:03-3769-1717

■詳しくはこちら http:/www.trafficj.org/sympo.html
(チラシ印刷用:http://www.trafficj.org/TRAFFICsymposium.pdf

■講演者 (敬称略)
※内容は変更になることがあります。
※英語の講演者には逐次通訳がつきます。

◇基調講演
ジョン・スキャンロン-ワシントン条約事務局長

◇オープニング
来賓挨拶:北川 知克-衆議院議員 自民党政調環境部会長
外務省挨拶:杉中 淳-外務省 国際協力局 地球環境課長

◇第1部
藤稿 亜矢子-トラフィック イーストアジア ジャパン 代表
「国際動向とNGOの取り組み」

小林 健一-経済産業省 貿易経済協力局貿易管理部
野生動植物貿易審査室 課長補佐
「CITES貿易管理における現状について」

荒牧 まりさ-環境省 自然環境局野生生物課
取引監視専門官
「種の保存法による国内の流通規制について」

◇第2部
グレン・サント-トラフィック インターナショナル
水産プログラムリーダー
「責任ある海洋資源の利用-サメを事例に」

太田 愼吾-水産庁 増殖推進部漁場資源課
生態系保全室長
「サメの保存管理に関する日本政府の取り組み」

石村 学志-北海道大学
サステイナビリティ学教育研究センター 特任助教
「“持続的”サメ漁業をめざして
-レジリアンスを持った地域産業育成の必要性」

齋藤 徹夫-福洋水産株式会社
「気仙沼のサメ漁業」

-パネルディスカッション-
ファシリテーター:山内 愛子-WWFジャパン
水産プロジェクトリーダー
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◆◇◆◇◆◇◆連絡先◇◆◇◆◇◆◇◆
トラフィック イーストアジア ジャパン
〒105-0014 東京都港区芝3-1-14 日本生命赤羽橋ビル6階 WWF内
TEL:03-3769-1716 FAX:03-3769-1717
Eメール:traffic@trafficj.org


コメントを残す