お薦め統計解析書 医学・生物学のためのデータ解析入門

ビッグデータ花盛りですが、一方で医学や生物学方面でもその大きな必要性から、パラメトリックな多変量解析、ノンパラメトリック手法であるロジスティック回帰分析や、コホート分析で重宝されるCox比例ハザードモデルなどが発展され続けてきました。

そんな医学、生物学関連の統計学ですが、難解な数式を使うことなしにストーリー性を持たせて理解を促したのがこの、

医学・生物学のためのデータ解析入門―統計学からわかる現代医療の問題点

 



という書籍です。無敵(と本書では述べているが、違うでしょ)とされるCox比例ハザードモデルまでの誘導が受け入れやすく書かれています。また統計解析における現代医療の問題点も、アカデミアの視点から中立的に書かれており、良書だと思います。少し統計解析を行ったことのある方は2,3日で読めると思います。初学者の人で全体像を簡単に知りたい方に最適です。是非お手にとって読んでみてください。

 

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す