学術シンポジウムに参加してみては?

普段研究者はどんなことをしているのか、あまり一般の方には馴染みのないことかと思います。またいわゆる学会(学術会議)は専門的な議論が多いがゆえ、一般のかたにとってもこちらも敷居が高く、なかなか参加するのは難しい場でもあります。

そのような学会でも研究者はもちろんのこと一般市民向けに開放されたシンポジウムが開催されます。私が関連していた海洋関連のシンポジウム「ブルーアースシンポジウム」が毎年開催されていますが、今年も開催されます。以下をご覧頂き、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

 

ブルーアースシンポジウム 独立行政法人海洋研究開発機構
http://www.jamstec.go.jp/maritec/j/blueearth/2013/

「ブルーアース2013」の開催について

独立行政法人海洋研究開発機構(以下、「機構」という。)では、所有する研究船及び深 海調査機器を利用した研究課題を”研究船利用公募”として募集しており、毎年、国内の大学や研究機関から多くの研究者の皆様にご利用いただいております。 「ブルーアースシンポジウム」はその研究成果を発表し、機構のフリートや研究成果について広く皆様に知っていただくことを目的として開催しております。

昨年度は、平成24年2月22日、23日の2日間で口頭発表55件、ポスター発表87件の発表があり、多数の方々に参加して頂きました。

今年度は、「ブルーアース2013」として、下記のとおり開催致します。皆様の参加を心よりお待ちしております。

開催日
平成25年3月14日(木)~15日(金)
会 場
東京海洋大学 品川キャンパス[アクセス][キャンパスマップ
参加費
無料(申込不要)

コメントを残す