平成25年度びわ湖セミナーの開催について

琵琶湖セミナーというのは2団体が別々で開催しているようです。以前に紹介したものは新琵琶湖学セミナー、琵琶湖博物館が主催して勉強会をしているようです。こちらは滋賀県琵琶湖環境科学研究センターの主催です。興味深い内容ですのでぜひお近くの方はご参加ください(事前申し込みが必要です)。

 

滋賀県琵琶湖環境科学研究センターでは、平成25年度びわ湖セミナー「これからの琵琶湖研究の新たな展開を考える~場のつながり・生き物のつながりの視点から~」を開催いたします。パネルディスカッションには 嘉田由紀子 滋賀県知事も参加されます。皆様のご参加をお待ちしております。参加無料ですが事前申込が必要ですので、本メール末尾の連絡先までお申し込みください。また、興味のある方々への転送歓迎いたします。

——————————

平成25年度びわ湖セミナー 「これからの琵琶湖研究の新たな展開を考える~場のつながり・生き物のつながりの視点から~」の開催について

これまでの富栄養化対策により琵琶湖の水質は改善されてきました。一方、「在来魚介類の減少」「水草の大量繁茂」「湖底環境の悪化」などの課題が顕在化していますが、これらは個々の要因やフィールドに着目した個別的な目標とその取組では対応が難しくなっています。このような中、これからの琵琶湖の保全に向けた研究を、「つながり」の視点を踏まえてどのように展開していけばよいのかを考えます。

1.日時:平成25年10月25日(金曜日)13時15分~16時20分
2.場所:滋賀県庁東館7階大会議室

3.プログラム:
13:15 開会挨拶

13:20 センターからの報告
(1) 琵琶湖の水質変化と沿岸帯の役割
(2) 豊かな生物を育む水環境の再生に向けて
(3) 琵琶湖流域における課題と今後の研究の方向性

14:20 特別講演「水環境保全の新たな展開」
東北大学大学院 客員教授・
元環境省中央環境審議会 水環境部会長
須藤 隆一 氏

15:00 休憩

15:15 パネルディスカッション
「これからの琵琶湖研究の方向性を探る」
嘉田 由紀子(滋賀県知事)/須藤 隆一 氏・
総合解析部門長 大久保 卓也・
環境監視部門長 山中 直
司会:内藤 正明 センター長 (滋賀県琵琶湖環境科学研究センター)

16:20 閉会

※やむを得ず内容が変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

4.定員:先着130名
(会場準備の都合上、事前申込が必要です。先着順で受け付け、定員になり次第締め切ります。)
5.参加費:無料
6.申込方法: 1.氏名・代表者名2.参加人数3.所属または住所4.連絡先
をご記入のうえ、E-mail ・ FAX ・ 郵送のいずれかの方法でお申し込みください。
びわ湖セミナー開催案内リーフレット2ページ目に申込書があります。

締め切り:平成25年10月23日(水曜日) [必着]

申込先:
滋賀県琵琶湖環境科学研究センター びわ湖セミナー担当
〒520-0022 滋賀県大津市柳が崎5-34
FAX:077-526-4803
E-mail:info@lberi.jp

7. 交 通 :  公共交通機関をご利用ください。
*JR琵琶湖線「大津」駅より徒歩約5分
*京阪石山坂本線 「島ノ関」 駅より徒歩約7分

滋賀県琵琶湖環境科学研究センター
平成25年度びわ湖セミナーの開催について(案内リーフレットあり)
http://www.lberi.jp/root/jp/42event/event/bkjhseminar131025.htm


コメントを残す