意外と使える天文ソフトOrbitas1.19(ただしスペイン語)

天文ソフトの中には軌道要素からその軌道を立体的に作画できるものがあります。ステラナビゲーターが代表的なものかと思います。しかしフリーソフトでも概ね楽しめるソフトが見つかりました。その名もOrbitas。ただしスペイン語でところどころ不明な単語があります。そんな時はスペイン語ー英語辞書で調べてみてください。

HPサイトはコチラです。

http://www.astrosurf.com/orodeno/orbitas/index.htm

ただ侮る事なかれ。MPCのリストをベースに作画していますので、いま話題のパンスターズ彗星やアイソン彗星(ISON)も作画できます。

一例はコチラ

ISON彗星の軌道の3D描写。赤い軌道が地球の公転軌道、北極側から見ていることになるかと思います。水色がアイソン彗星です。まだまだ遠いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は高度変化と太陽が沈んだ後の離角です。太陽高度が-18度になった時の天体の地平高度を算出できます。

アイソン彗星の光度変化と離角。近日点(2013年11月29日)付近の明るさが際立っています。高度は0度、即ち地平線よりも下になっていますが、太陽が沈んだ直後の勇姿に期待です。尾だけ見える、なんてこともあるかもしれません。

 

 

パンスターズ彗星の光度変化も見積もってみました。

パンスターズ彗星の高度変化と離角です。この場合の離角は太陽からどれだけ離れているかの純粋な離角です。

 

以上まずはダウンロードして色々いじってみてください。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す