教育的なフリー天文ソフトMitaka

国立天文台のサイトに非常に教育的な、かつ興味深いフリー天文ソフト”Mitaka”があります。これを本日は紹介します。とりあえずMitakaHPより概要をそのまま添付します。

//ここから

概要

Mitaka は、 国立天文台 4次元デジタル宇宙プロジェクトで開発している、 天文学の様々な観測データや理論的モデルを見るためのソフトウェアです。 地球から宇宙の大規模構造までを自由に移動して、 宇宙の様々な構造や天体の位置を見ることができます。

独立行政法人科学技術振興機構 計算科学技術活用型特定研究開発推進事業(ACT-JST) 「4次元デジタル宇宙データの構築とその応用」(2001年-2004年)、 および、 文部科学省科学技術振興調整費 産学官共同研究の効果的な推進プログラムにおける実施課題 「4次元デジタル宇宙映像配給システムの構築」 (2004年 – 2007年) の成果物です。 現在も開発者によりボランティアで開発が続けられています。

このソフトウェアは2003年6月の4次元デジタル宇宙シアター一般公開から、上映用のソフトウェアとして使われてきました。 2007年からは、国立天文台の敷地内に完成した立体ドームシアターにて上映に使用されています。 (詳しくはこちらをご覧ください。)

基本的には、国立天文台の立体視シアターの上映用ソフトウェアとして開発していますが、 1台のPCでも動くように設計されていますので、 以下からダウンロードして、個人のPCなどで楽しんでいただくこともできます。

//ここまで

(http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/ より)

簡単にスクリーンショットを。まずは地球からスタートして各宇宙場からの眺めを表示します。天体の位置関係も立体的に配置されているため、例えば以下のイラストのようにスピカからの太陽系などを眺めることもできます。

スピカから見た太陽系です。このように立体的に天体を配したソフトはこれまでなく、オリジナリティーが高いソフトです。

さらにこれらを立体視することができます。下のイラストはベテルギウスから見た太陽系の立体視を示していますが、それぞれの恒星や星雲、星団の位置関係を把握するには非常にわかりやすく、理想的といえます。

ベテルギウスから見た太陽系の立体視を示しています。位置関係がわかり、大変興味深いです。

 

フリーですので是非ともダウンロードして楽しんでいただければと思います。

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す