本日の印象的な一言

 

例えば、ヒューズが切れた。どうしてヒューズが切れたのか、と考えるのと、ヒューズの取り替え方を学ぼうとするのと、2つ対処法はあるわけです。ところが日本は、どうもヒューズの取り替え方みたいなものを教えたり学んだりするほうが、好きだったんだと思うんですね、これまでは。なぜ切れるのかを考えな い。だから、現象にしか目が行かない。本質に頭が向かわないんですよ。

-出井伸之

http://diamond.jp/articles/-/22200 より

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す