札幌近郊の天体観測スポット-ウトナイ湖(初級者向け)-

久々の観測スポット更新です。

ウトナイ湖は札幌から少し離れており、40kmほどの道程になるでしょうか。ウトナイ湖はラムサール条約登録湿地で、国道36号線からすぐのところにあります。工業団地や新千歳空港からも近く、人工的な光もたくさんあるのですが、以下の様な白鳥やカモと一緒に写真を取ることができます。この時はちょうど今の時期に獅子座が登ってくる頃を狙って白鳥と一緒に取ることができました。はくちょう座と白鳥を撮るなんてのも面白いかもしれません。

夜に車等で行くこともあるかと思いますが、湖域内に入る場合はポジションライトのみで湖域内へのビームは野生動物のためにも控えましょう。

ちなみにこのウトナイ湖ですが、野鳥も沢山飛来し、植物、小動物等の多様性があり、また景観的にも美しいサイト、ラムサール条約登録湿地、センター建屋もあり非常に教育的なので、サイエンスツアーでも利用しています。昼間はこんなかんじになります。ぜひウトナイ湖でのサイエンスツアー、夜は星空サイエンスツアーをご利用ください。

昼間の野鳥は活発です。

少し小さい写真ですが昼間の湖の様子です。水深は深いところでも2m程です。

場所はこちらです↓。

大きな地図で見る