森林に関する市民向け講演3つ(追記有り)

いずれも大阪になります。学会の公開講演会、市民講座、そして里山環境に関する報告会にになります。詳細は下記、または当該HPを御覧ください。

 

 

第64回応用森林学会大会 公開講演会
「都市の森林再生」

日時:2013年11月9日(土)14:00~16:00
会場:國民會館 武藤記念ホール
(大阪市大阪市中央区大手前2-1-2 國民會館住友生命ビル12階)
講師:森本幸裕(京都学園大学バイオ環境学部教授、

京都大学名誉教授)
演題:「都市における自然林再生」
講師からのメッセージ:自然を切り開いて建設する都市ですが、自然の森や水の果たす役割を賢く利用するのが得策です。都市でなぜ自然林再生なのか、それは可能なのか、どんな課題があるのか、大阪万博の森などを例に考えてみたいと思います。 

会場へのアクセス詳細は大会ホームページをご参照下さい。
応用森林学会大会 http://www.applforsci.jp/meeting.html

応用森林学会 http://www.applforsci.jp/index.html

「森林環境」市民講座 「緑の都市のつくり方」参加者募集 

「緑の都市のつくり方」をテーマに、初めての森林環境「市民講座」を開きます。
専門家が研究や実践の成果を提供し、参加者も交えて議論します。
取り上げるのは、大阪と京都の話題です。

◇11月21日(木)午後5時~8時、朝日新聞大阪本社アサコムホール
(大阪市北区の中之島フェスティバルタワー内)
◇講演2題と参加者を交えた質疑・討論
池口直樹さん(前日本万国博覧会記念機構・自立した森再生センター長)
「大阪万博記念公園の緑の再生」
森本幸裕さん(京都学園大学教授)
「危機に瀕する京のグリーンコモンズ」
◇参加無料。定員100人
(応募多数の場合は抽選。参加いただく方には受講票を送ります)
◇申し込みは、代表者の氏名、住所、電話番号、参加人数を明記し、はがき(〒104
・8011 朝日新聞東京本社内 森林文化協会市民講座係)かメール(info@shinrin
bunka.com 件名は市民講座申込)で。11月14日(木)必着。問い合わせは主催の

林文化協会(03・5540・7686)へ
(朝日新聞社後援)

 

——————————

————————–
★一般参加 歓迎★
「モニ1000里地調査 ミニシンポジウム」を開催します!
11月10日(日)@大阪府大「I-siteなんば」
——————————————————–

モニタリングサイト1000里地調査(モニ1000里地調査)は、
地域の市民が担い手となって、全国の里やまの自然環境を
100年間にわたってモニタリングしていこう!という国家プロジェクトです。

今回、大阪府大 I-siteなんば にてミニシンポジウムを開催し、
市民自身が調査を行う意義や今までの全国調査の成果、
各地の市民団体が実践している調査の工夫をご紹介します。

多くの皆さまのご参加をお待ちしております!

——————————————————–
【開催概要】 ※申込み不要、参加費無料!
——————————————————–
・日 時:2013年11月10日(日)
・時 間:10:00-12:05 (受付 9:30-10:00)
・会 場:大阪府立大学「I-siteなんば」
・定 員:約150名

※午後13:00からは、同会場にて、モニ1000里地調査員の
関係者を対象としたワークショップ・交流会を行います。
興味のある方は、下記お問い合わせまでお知らせください。

○詳細は下記URLをご覧ください・:
http://www.nacsj.or.jp/katsudo/moni1000/2013/10/-11101000i-site.html

==================
お問合せ先
————————————————-
NACS-J 保護・研究部
モニタリングサイト1000里地調査 事務局

〒104-0033 東京都中央区新川1-16-10 ミトヨビル2F
TEL:03-3553-4104/FAX:03-3553-0139
E-mail:moni1000satochi★nacsj.or.jp (★→@)
(担当:後藤/福田/高川)
==================

——————————————————–


コメントを残す