次の主な流星群は2013年りゅう座(しぶんぎ座)流星群

年末23日にこぐま座流星群がありますが、月明かりも少しある上に出現数も余り見込めないでしょう。

次のメジャーな流星群は2013年りゅう座(しぶんぎ座)流星群となります。極大日時は1月3日22時程度で輻射点が登ってくる前に極大となります。この時期の月は下限となり、輻射点が登ってくると1,2時間後に月明かりが気になる感じになり、余り条件は良くないかもしれません。

但しそこは3大流星群の一つですから、月明かり等を避けて観測すると良いことがあるかもしれません。極大日時の前後12感が活動期間と非常に範囲が狭いのでうまく当たれば沢山の流星が拝めると思います。

また近くなりましたら速報サイト等紹介いたします。

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す