無料統計ソフト”R”に触れてみよう

“R”という統計ソフトを知っていますか?Rはコマンドラインで動く無料のオープンソース統計ソフトウェアです。

hpgraphic

コマンドラインで動くソフトウェアで最初はとっつきにくいかもしれませんが、少しプログラム経験のある方はやりやすいのではないかと思われます。

つい最近(4月3日)にヴァージョンが2.15から3.0にアップデートされました。良い機会ですのでダウンロードして試してみてはいかがでしょうか。日本語のマニュアル類も大学研究者が中心になって制作されており、わかりやすいものとなっています。

この記事上でも時々紹介して行きたいと思います。取っ掛かりとしてはまずはウィキペディアが参考になるかと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/R%E8%A8%80%E8%AA%9E

更に参考になるサイトとして以下の様なHPがあります。

RjpWiki 日本語のR情報とRキーパースンの拠点。

以下のことは全て網羅しています。全くスキのないソフトです。私も早速Ver.3.0にアップデートしてみようと思います。

 

要約統計量
平均、最頻値(モード)、中央値(メジアン)、分散、標準偏差、共分散、相関係数
正規分布
カール・フリードリヒ・ガウス(誤差論)
誤差
標準得点
偏差値
大数の法則、中心極限定理
推計統計学
母集団、無作為抽出(ランダムサンプリング)
期待値、不偏分散
有意
尤度関数
多変量解析
回帰分析、重回帰分析
因子分析
主成分分析
判別分析
共分散構造分析
傾向推定
数量化理論

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください