【無料BI】PowerPivot for Excel 使用感レポ


 

これ皆さん知ってますか?といってもピボットテーブル使う人、大容量のトランザクションデータ扱う人、ユニーク化作業で困っている人、エクセルの現在の限界である100万行以上のデータを扱う人以外ではほとんど必要ないかと思いますが…。

まあ上記これらを使う人でお手軽に使えたらなあという人は確実にいるわけでありまして、ずぼらな効率化を目指す人にはもってこいのアドインソフト、しかも無料なので使わない手はないですね、ええ。

マイクロソフトが提供しているサイトはいくつかありますがとりあえずこの辺り http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ee210599.aspx

2013ヴァージョンはスタンドアローンのExcelかOffice Enterprize版でしか動作しないようですので注意してください。

動かした印象としてはAccessとExcelの中間的なソフト(アドイン)と言った感じです。各種SQL、タブ区切りテキストやCSVファイルなど取り込み可能です。動きはサクサクでピボットテーブルもほぼ一瞬(疑似データ1千万行)、列の追加、追加に伴う演算、およびクロス集計が非常に簡単にできます。単一の集計でもユニーク化、カウント等も簡単です。とりあえず1600万行x9列(1億4千万セル、400MB)で試してみましたが読み込みました。以下スクリーンショットです。スクリーンショット 2014-05-01 22.33.43それ以上の行数、列数に関してはメモリ等マシンのスペックに依存するかと思います。いろいろ試せそうなので活用してみます。皆さんも是非。

 

 

 


コメントを残す