無線インターネット接続のさらなる開放を(Brief comment)

KDDI、すかいらーくグループに公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」を提供

という記事なのだが、下記の条件付き。

–ここから
au Wi-Fi SPOTは、パケット定額サービス「ISフラット」「プランF(IS)シンプル/プランF(IS)」の契約者であれば無料で利用できるインターネット接続サービス。
–ここまで

これはKDDIを中傷するつもりもなく、一企業の戦略であるからとやかく言うつもりはない。しかしながら不特定多数、という意味での公衆無線LANサービスとは到底言いがたい。ただでさえ他国に遅れを取っている(と思われる)一般開放公衆無線LANサービス、囲い込み以外のストラテジーでビジネスは成り立たないだろうか。

それともう一つ、新規参入企業が入りこまないようまずは規制をかけてガチガチにしてから大企業が仕掛けとともに展開するケース、まあこれは当たり前の戦略であるだろうが、上記無線LANの事項を含め、消費者優先のフリをした大企業のエゴではないか。

他国の状況をリサーチしていないのであまり深い言及はできないが今後調査していきパブリッシュしていきたいと思う。

記事:http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1207/18/news020.html

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す