近日点直後のアイソン彗星を見られる場所はどこか(南半球編)

さてアイソン彗星(C/2012 S1 ISON)の近日点までちょうど1年前となりました。そこでその近日点に最も近いアイソン彗星を見られる観測スポットを調べてみました、、、の南半球編です。

日本周辺では明け方に近日点を迎えますが、位置関係が太陽の東に位置するため太陽が登ってからしか見られません。

北半球ではカナダからアラスカ方面で近日点直後のアイソン彗星が見られそう、というのは以前の記事で述べた通り。それでは南半球ではどうでしょうか。

その前に南半球ではアイソン彗星は近日点の前、及び後しばらく、というかほとんど見ることができません。北半球でのみその活躍ぶりが見られます。しかし南半球では近日点におけるその姿を一瞬見ることができます。さてその一瞬、Stellariumで色々調べてみましたが近日点(日本時間5時)では太陽が近すぎて日没直後60秒ほど(!)しか拝められません。まさに一瞬ですが、それでも見つけてみました。

世界中で最も明るいアイソン彗星が見られる場所はココ!わずか1分!
どこかというと…。

 

南緯22°44′、西経22°44′、という何ともゾロ目&ダブルスコアのエリアです。ここはどこかというと、、、

 

洋上です…。

 

大西洋の大海原へ観測船を出しましょうか…。わずか1分のために。何とも豪華クルーズになること請け合いです。

ただ、近日点からわずか数分で見られる陸地を見つけました。それは、、、また別の機会に。

 

 


コメントを残す