過去5万年の年代を正確に測定

Dr. Nakagawa氏はフランスでポスドクを務めた後New Castleにレクチャラー(講師)として本格的なキャリアをスタートさせ、精力的に研究活動を行なっています。一度彼の発表を聞き、ディスカッションしたことがあります。
その彼が三方五湖の一つである水月湖の湖底堆積物を用いて過去5万年までの年代を正確に求める研究を行い、その報告がつい最近Scienceに掲載されました。この結果はつい最近もNHKのニュースで放映されていました。これまでは14Cを暦年代に換算するときにどうしてもプラスマイナス1000年くらいの誤差がありました。私自身もまだ詳細に読んでいないので気になる方は以下のabstract、並びにNHKのニュースを御覧ください。本論文が入手でき次第解説できればと考えています。

 

NHKニュース:5万年前まで年代測定の新手法
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121019/k10015855131000.html

 

A Complete Terrestrial Radiocarbon Record for 11.2 to 52.8 kyr B.P.

Radiocarbon (14C) provides a way to date material that contains carbon with an age up to ~50,000 years and is also an important tracer of the global carbon cycle. However, the lack of a comprehensive record reflecting atmospheric 14C prior to 12.5 thousand years before the present (kyr B.P.) has limited the application of radiocarbon dating of samples from the Last Glacial period. Here, we report 14C results from Lake Suigetsu, Japan (35°35′N, 135°53′E), which provide a comprehensive record of terrestrial radiocarbon to the present limit of the 14C method. The time scale we present in this work allows direct comparison of Lake Suigetsu paleoclimatic data with other terrestrial climatic records and gives information on the connection between global atmospheric and regional marine radiocarbon levels.

Science 19 October 2012:
Vol. 338 no. 6105 pp. 370-374DOI:10.1126/science.1226660
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す