「野生生物の放射線被曝を現地で調べる」フォーラムご案内

福島第一原発事故により放射能汚染された「現地」での野生生物研究(現地調査やデータとりまとめ)の活動中のグループや、調査活動に関心のある方の間で、情報交換をする目的で、以下のような懇談会を催します。
現地にいかなくても、できることもあります。関心のあるみなさんのご参加をお待ちしております。

・『野生生物の放射線被曝を現地で調べる 〜 なぜ、どのように 〜』
・“Monitoring radiation exposure of free-living wildlife – why and how ? ”
・日時:2013年11月16日(土曜日)午後13時〜17時
・場所:東京大学農学部7号館B棟231・232教室
・使用言語:日本語および英語、一部通訳付
(主催:東京大学大学院農学生命科学研究科・アグリコクーン・農における放射線影響フォーラムグループ)
http://www.agc.a.u-tokyo.ac.jp/info/131116_fg6.html
(協力:春を呼ぶフォーラム)
map / http://yahoo.jp/7SvP2f

チェルノブイリ事故と福島事故についても、調査や普及啓発に勢力的にとりくんでおられる、南カロライナ大学のニティモシー・A・ムソーさんにおいでいただき、「春を呼ぶフォーラム」(川井和子さん他)に通訳などのおせわをいただきます。
(当集会は、科学新技術振興渡辺財団の研究普及啓発補助も受けて実施します。)

Wildlife suffers various kinds of effects and stress from its environment. At the radioactive contamination area in Fukushima, the radiation is added to those other conditions. Surveys on the free-living wildlife, often, gain discriminate results from those in the laboratory experiments. Some functions of low level, long term, internal radiation effects have been introduced for the wildlife at Chernobyl contamination area. Although the radioactivity is lower at Fukushima than that at Chernobyl, we have started our surveys soon after the accident. We have also some good information of the radiation fallout and radioactive dynamics in the ecosystems. Members of three wildlife research groups and others will discuss, “Why and how do we research on the wildlife?”

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す