低カロリー食と寿命-森林と雨の関係-Natureより本日のサイエンティフィックニュース

本日もNatureからの記事を2件。ダイエットと長寿の関連について、また森林と降雨の関連について興味深い報告がありました。

 

医学: 低カロリー食は長寿命を保証しない

Nature 489, 7415 http://bit.ly/RKfw0F

食物摂取量の制限が寿命を延ばし健康状態を改善することは、さまざまな生物種で明らかにされている。今回、アカゲザルで23年 間にわたってカロリー制限を行った結果が報告された。年齢が上がってからカロリー摂取制限を始めた場合には、生存期間の延長はなかったが、代謝プロファイ ルは改善された。若いときにカロリー制限を行ったサルでは、老化関連疾患の発症が遅くなる傾向が見られたが、やはりこれらも寿命の延長は見られなかった。 ヒトでの寿命の研究は実行不可能であることから、非ヒト霊長類を使った研究がそれに最も近いものであり、これらの結果は、長寿命の動物でのカロリー制限の 影響は決して単純なものではないことを示している。

Scientific-Global.netより:Natureではないですが、霊長類以外の研究でややカロリー不足が長寿になる報告はありました。しかし霊長類と他の生物との違いがなぜ寿命への反応の違いを生むのか、議論を呼びそうです。

 

気候: 熱帯では森林の上空を通過した大気が雨を降らせる

Nature 489, 7415 http://bit.ly/RKfo17

今回行われた地球規模の観測結果の分析で、水循環のフィードバックを通して森林が数百キロメートル風下の降雨を強力に制御して いることが明らかにされた。地表に降った雨の一部は、植物による蒸散や物理的な蒸発を通して大気中に戻される。熱帯に関しては、以前からこの過程は降雨収 支全体の重要な要素であると考えられてきた。しかし、証拠の多くはモデル研究によるもので、決定的なものではなかった。D Spracklenたちは、リモートセンシングと大気の後方流跡線モデルを用いて、密林の上空を通過した大気は、まばらな植生の上空を通過した大気の約2 倍の降雨をもたらすことを示している。彼らは、アマゾンの森林破壊が現在の速さで進行すれば、季節的な降水量が12〜21%減少すると見積もり、局地的な 降雨に対する極端な影響を避けるには、森林破壊を抑制する取り組みがきわめて重要になると結論付けている。

Scientific-Global.netより:森林がいかに大事かがよく分かる結果です。ここでは正のフィードバックが働くということになります。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す