2013年しし座流星群予報(輻射点星図有り)


 

今年のしし座流星群、世界で一番観測条件が良いのはなんと、我々の住む日本を含む東アジアです。極大日時は11月18日午前1時となっています。

が、しかし、中秋の名月ではお世話になった大きな月(しかも満月で一晩中)があり、この時ばかりは邪魔をして、流星群を見る条件はよくありません。

よって月明かりを避けて見る必要があります.現時点で活発な予測は発表されていないので,多くの流星数は期待できないでしょう.一方で,しし座流星群の流星は元々明るい流星が多いので,月明かりに負けず見られる可能性はあります(流星電波観測サイトより)。

極大日を含む前後1日くらいがよく見えるかもしれません。また夜は大変寒いので万全の防寒準備をしてください。

leoniz2013極大時(11月18日午前1時)におけるしし座流星群の輻射点。ちょうど獅子の大鎌が登ってきた頃となります。丸印辺りから放射状に流れたらしし座流星群による流れ星と判断して良いと思います。参考にどうぞ。

 

 


コメントを残す