2012年オリオン座流星群極大日の星空その他

オリオン座流星群の情報は先の報告でも示したように極大時間は日中なのですが、月明かりが夜はないことなどから条件はまずまずといったところです。

観測のお勧めは,第一候補:21日0時から夜明けまで.第二候補:22日0時から夜明けまで、という流星観測プロジェクトHPのとおりと思われます。以下に21日午前0時の星空と輻射点の位置を掲げておきますので参考にしてください。

 

orionoids 極大日、21日の午前0時の星空。オリオン座流星群の輻射点の位置。ちょうどオリオンが振り上げた棍棒の位置になります。

特徴としてはスピードが速く、また明るくて流星痕と呼ばれる流れた後に煙のような痕跡が見られることが多い流星群です。これをたどった延長線上に輻射点があればオリオン座流星群の流星として間違いないでしょう。

この時期の夜は冷え込みますので防寒対策をしっかりと。


コメントを残す