2013こと座流星群結果、みずがめ座流星群予報

先日事座流星群が極大を迎えました。およそ1時間に20個ほどの流れ星が見られたとのことで、例年通りの出現状況といえるかと思います。

みずがめ座流星群は母天体がハレー彗星です。1986年に回帰でだいぶ経つようですが南半球では1時間に60個ほどのペルセウス座流星群並みの極大を迎えることで知られています。北半球ではそれほど多くは見込めませんが、それでも極大時には多くの流星が見られるようです。今年は6日の明け方が条件がよさそうです。月は細い月が明け方登ってきますが、細いので影響は無さそうです。

以下流星電波観測プロジェクト(http://www.amro-net.jp/)の情報を掲載しておきます。

 

名称(和名) みずがめ座η流星群
学術名(コード) η-Aquarids(ETA)
極大太陽黄経 45°.5
極大時輻射点 赤経 = 338° / 赤緯 = -1°
出現期間 4月19日~5月28日(極大6日10時,好条件)
性質 極大出現数(ZHR):60,光度比2.7,対地速度: 66km/s
母天体 1P/Halley

 

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す