8月14日未明の金星食の見え方

8月14日未明、午前2時45分くらいから金星食が見られます。実際には午前2時くらいから月と金星が近づいている様子が美しく見られますのでそれくらいから楽しめるかと思います。

ということで、またまたSteralliumで金星食のシミュレーションをしてみました。

午前2時頃、未明の空につきと金星が仲良く並んでいます。ちょうどおうし座辺り、オリオン座も見えていますね。

 

 

2時45分、金星食直前です。

 

 

2時48分、間もなくです。望遠鏡でかなり綺麗に見られるはずです。

 

2時49分、すでに一部が隠れています。

 

 

2時49分30秒、完全に月の裏側に隠れました。完全に隠れるのに概ね1分ほどかかるようです。

 

3時52分頃、今度は月の暗部から金星が出現し始めます。

 

3時53分、金星が顔を出し始めました。

 

3時53分10秒、金星が完全に出現しました。金星食の終了です。

 

4時、月と金星が綺麗に並んでいます。

 

 

4時ともなるともう東の空は明るくなっています。このように晴れることを祈願しつつ。

折しもこの時期はペルセウス座流星群の極大時期と重なります。それについてはまた別の機会で詳しく紹介します。

 

 


コメントを残す