インターネットの時代に我々科学者が伝えられること

この数年、特に東日本大震災以降、本などの紙媒体、TV本体、またはTVを媒体とした局、新聞などのマスコミ、デパートなどの店舗や中間卸などの商業媒体、音楽CD、果ては学びの場、クルマまでが不要論として取りだたされている。

その悪しき原因は勿論「インターネット」。本出現によって情報インフラが爆発的に整った。分からないことはなんでも教えてくれる。知識はもはや必要でなく、それらをどう使うか、が今後問われる。そういう意味では知識詰め込み型の日本的な教育も、それこそ斜陽的になるべきだしそうなって欲しい。

たしかにこの発達したインターネットは生きていく上でほぼすべての活動が行えるのでは。食事のレシピ、食材はネットで簡単にスーパーのHPから取り寄せ可能。欲しい品はアマゾンや楽天が、スポーツ中継やアニメだってネットで見られる時代だ。アルバムもネット上、今回の金星太陽面通過だって自分もライブストリーミングを行ったが、そうやって全国の状況をディスプレイ上で確認できる時代、便利である。自分はこれに賛成も反対もない。科学技術が進む道には善悪はない。人としてうまく利用するだけだ。

しかしそれでもネットではできないことがある。ロジスティクスが重要なのは言うまでもないが、それは置いといて、人が本来経験する「実体験」、これはいくらインターネットが発達しても不変、普遍のものである。画面上でその事実は見聞きは確かにできるが、それを実際に体験するのとは全く違う、心に突き刺さる。

手前味噌で恐縮だが本「星空サイエンスツアー」もそのひとつ。画面上で平面的な流れ星を見るより、実際に出るかどうかドキドキしながら待って出た時の立体感は何をもっても変えられない。望遠鏡で見る実際の土星を見たことがあるか?まさに宇宙空間に「浮いている」という表現が見たことある人なら分かるはず。

この実体験から科学や叡智に対して興味を持つ。向上心を持つ。そして能動的に学ぼうとする。ポジティブフィードバックな自然な成り行きである。PC上で決して得られないことを経験豊富な研究者で行なっていくこの「サイエンティフィック・グローバル.net」、ご期待ください。

朝霧高原の夜空。しし座流星群星空サイエンスツアーを行った時のヒトコマ。

金星太陽面通過(日面通過)ライブストリーミング中継大成功!

当初好天がほとんど見込めなかった札幌でしたが、朝方何とか天気が持ってくれました。

お陰でUSTREAMで配信することもでき、(大)成功裏に終了しました!

以下に配信したものを貼り付けていきますので、参考にどうぞ。



Video streaming by Ustream



Video streaming by Ustream

部分月食と金星日面通過のまとめ

今日、部分月食が起こりますね。夜半前なので見やすいかと思います。

つい先日金環食が起こったばかりで、太陽、月、地球が場所を変えて再び一直線になるということです。半月後も空間的に直線性が保たれていることも自然現象は面白いといえます。

、、、はい!月食見えましたー!!!

登ってくるときにすでに欠けていました。まあ部分月食ならこのほうがなんというか神秘的です。

 

 

また6日には金星日面通過が起こります。これは8年と120年くらいの周期が交互に訪れるわけですが、次見られるのはその長い周期の方なので見逃せない所。

金星日面通過ウィキページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/金星日面通過

その金星日面通過ですが以前紹介したステラリウムでシミュレートしてみました。参考にしてみてください。

eclipse by vinus

そうですね、すでにこのソフトでムービー化している強者な方もいらっしゃいました。そちらも紹介します。

ニコ動にもありました。

それでは晴天祈願!

サイエンティスト=ワタシが勧めるフリー、無料天文ソフト(スマートフォン、PC版)

さて、世の巷に出ている各種天文ソフトですが、見栄えの良い物、データ数、などなどを考慮してズバリこれっ!というソフトをおすすめします。

PC版

1.Google Earth

http://www.google.co.jp/intl/ja/earth/index.html

そ もそもこれは地球上の空を飛行するかのごとく実写での町並みを再現していくソフトですが、これが宇宙にも目が向けられています。地上の作画はないので実際 に見ているようなリアリティーはありませんが星雲、星団、小宇宙などのデータベースが豊富で拡大画像は迫力満点、天体導入にもかなり使えます。

キャプチャーはかみのけ座、おとめ座銀河団のM84, M86, M87あたりの小宇宙団。まるで実際の星空を見ているよう。

2. Stellarium

http://www.stellarium.org/ja/

こ のソフトもかなりリアリティーが高いです。こちらは特に自分が実際日常に立っている臨場感が味わえます。さらに18等級くらいまでの天体データベースもあ り、これらをダウンロードすると導入もかなり楽です。主な星雲、星団などは写真データベースがあり、綺麗に表示することができます。

今回の金環日食のシ ミュレーションもちゃんと出来ました。

こちらはStellariumのキャプチャー。ご覧のように満天の星空…ちょっとやりすぎましたがw。人工衛星や流れ星も再現してくれます。夜の観測用に減光処理もボタンひとつで可能。昨日の日食のシミュレーションもこのソフトで行いました。

PC版はこの2つがあれば間違い無いですね。しかもこれ全部無料なんで。凄い時代になりました。

スマホ版

1.Google Sky Map

http://www.google.com/mobile/skymap/

や はりグーグル強しなんですが、スマホ版はこれ一択でOK。実際の方向にスマホを向けるとそのとおりの星空が見えます。地面に向けると本来日本からは見えな い南十字星やマゼラン雲なども簡単にシミュレートできます。家の中にいてもかなり遊べるソフトですし、また実際に外でレクチャーする際などにもうってつけ ですね。

こちらはGoogle HPよりキャプチャーを拝借。スマホ版でも機能的には十二分です。

昔は星図を持ちだして特定の星雲、星団のガイディングチャートを天文ガイドから切り抜いて…と手間がかかったものですが、スマホやPCで一発で星がわかる時代になりました。さあ、晴れた空はこれらを持ってみんなで星を見に行きましょう。

サイエンス的思考のススメ

ワタシの以前のブログに掲載したものですが、このサイトにふさわしいため再掲いたします。

 

サイエンス思考のススメ

papers

去年の3月11日東日本大震災以降、ほぼすべての皆さんが、特にフクイチの放射性物質に関してどの様に評価したらよいのか、どう行動するべきなのか、それこそ十人十色で解決を探ろうとしていました。

それ以降ワタシも色々観察していましたが、現実は最初にヴァイアスがかかったり、べき論がベースにあったり、方法論を間違えてしまい結局得られる解も適切ではない、という導き方が非常に多い印象です。

そこでひとりでも多くの人にサイエンス的思考を薦めたいと思い、ここに記します。別にこれは今始まった思考方法ではなく昔から、あるいは小学校の頃から教わってきた論理の進め方にほかなりません。ひいてはこの手法で持って多くのリテラシーが進むことを願うばかりです。

 

~ここから

 

1. 何が問題なのか、何がこれまでわかっているのか

科学論文で言うところのIntroductionですね。これまでわかっていること、それで何が不明な点なのか、何を知ろうとしているのか、そのためにどの様なツールを使うのか、そして何が新しい事なのかを考えるべきです。

 

2. どの様な方法を使うのか

これはSamples, Experimental and Methodの部分ですね。どんなツールをどの様に使ったのか、どの様な測定機を使ってどの様に用いたのか、その方法妥当であるのか、何回測定したのか、を具体的に述べることです。

 

3. データを提示する

論文で言うResultsです。データは嘘をつきません。記録としてオフィシャルなものとなります。2.の方法に基づいて得られた結果はオリジナルです。すべての議論のベースとなりうるものであり、共通言語でもあるのです。

 

4.そのデータがどの様な意味を持つのかを話しあう

まさにこれはDiscussionですね。日本人が最も苦手な部分です。巷でよく議論するネット番組とかありますけどほとんどが言いたい放題発言しておしまいってパターン。これじゃあ何も伝わらないですよはっきり言って。まるでダメ出しです。

ここでは議論する順番、そこから得られる結論は何か、を丁寧に、しかもシステマティックに話し合います。とにかく記述で も口頭でもその論点から一歩もずれてはいけません、その時点でサイエンティフィックな思考ではなくなるからです。その論点についてのみ結論を出すようにし て、それが達成できたら次の論点に移ります。すべてが終わったらそれらを総括して結論を出します。最初に結論ありきでもダメです。これもその時点で科学的では無いです。TV番組制作なんか歪曲の極みw。その議論に基づいて忠実に結論を導き出します。まさにこれは科学論文にほかならずであります。

 

5.信頼に足るソースを提示する

最後に参考にしたソースを明記するべきです。又そのソースは信頼出来るものなのかどうなのかもオーディエンスが評価できるし、それを見てその思考方法が適切であるかどうか、判断できます。逆に言うと論者はできるだけ信頼に足るソースを提示する必要があるわけです。そうでないと本論の前提が揺らぎかねません。その様にしてknowledgeが蓄積されてきたわけです。

 

~以上。

 

この1年で多くのトラブルを抱えてしまった日本ですが、ピンチはチャンスというようにここで飛躍するチャンスとも言えます。そのチャンスにこの(新しい方法に見えますが実はオーセンティックな)手法を用いてリテラシーが少しでも上がることを願っています。必要ならば小生の知識をお役立てください。また役立ててもらえば幸いです。
プレゼン関連で有名なブログはこのあたりですかね。取り敢えずコチラも読んでおくと良いと思います。:

分かりやすい学会発表をするために意識したい21のポイント

http://did2.blog64.fc2.com/blog-entry-460.html

Hello world!

こちらはScientific-Global.netのブログです。テストを兼ねて。表記サイドバーに関連する情報をお届けします。なお、裏ブログ?もありますので随時公開いたします。

6月1日から稼働いたします。

それではよろしくお願いします。