NASA、小惑星捕獲計画を発表

ナショジオからのニュースです。なんとも壮大な計画です。しかしながらこれは非常に理にかなっており、必要なときに探査機を飛ばしてローコスト、ローリスクで確実に資料を採取できる点で画期的と考えられます。その前段階である捕獲をどうするか、今後の展開が待たれます。

ニュース – 科学&宇宙 – NASA、小惑星捕獲計画を発表 – ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト(ナショジオ) http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130412002

 

以下、ナショジオHPより

Marc Kaufman
for National Geographic News
April 12, 2013

 

米航空宇宙局(NASA)は米国時間4月10日、深宇宙の小惑星を見つけ出し、自転するつかみにくい形状の物体を捕捉して地球の周辺まで持ち帰り、月の軌道に乗せる計画を明らかにした。

小惑星の“捕獲”はロボット宇宙船によって行い、移動させた小惑星は有人探査の目的地とする計画で、さらには民間宇宙企業による採鉱が行われる可能性もある。

国家計画というよりサイエンスフィクションのようなアイデアだが、あくまでオバマ政権および宇宙開発コミュニティーが掲げる重要目標に沿ったものだ。

その目標とは、地球に向かっている小惑星を発見し、進路を変える方法を知ること、火星への長距離有人飛行を成功させる足がかりとして宇宙飛行士を送り込める目的地を探し出すこと、そして民間の宇宙投資に機会を提供することだ。

「このミッションは、新たな科学的発見や技術力をもたらし、われわれの地球を守ることに貢献する、前例のない技術的偉業だ」と、NASAのチャールズ・ ボールデン(Charles Bolden)長官は10日の計画発表に先駆けた声明の中で述べている。「この取り組みにおいては、NASAの科学、技術、および有人探査の総力を結集 し、2025年までに人類を小惑星に送るという大統領目標の達成を目指す」。

ミッションの具体的な計画策定は始まったばかりで、ボールデン長官によると2013年夏にチーム会合を開き、どのように回収に適した小惑星を選定し、そこまで宇宙船を送り、月まで数百万キロの距離を持ち帰るかを話しあう予定だという。

ミッションでは小惑星を捕獲し、大きく柔軟性のある素材の袋に包み、それを2つの大きな太陽電池パネルを備えた宇宙船が引っ張る計画だ。NASAがその模様をイメージした動画を公開している。

NASAのアイデアは、カリフォルニア工科大学にあるケック宇宙研究所が作成して2012年に提案した計画に近いものだ。

ケック宇宙研究所は、既存の技術にいくらか改良を加えれば、ロボット宇宙船を使って直径約7メートル、重さ500トンの地球近傍小惑星(NEA)を引き 寄せることは可能だと結論づけている。同研究所は計画に必要な予算を26億ドルと見積もっているが、NASAの計画はずっと少ない予算で実現可能だとい う。

その理由は、NASAがより地球に近い小惑星をターゲットに考えているためであり、またNASAは既に関連するロケット工学や技術に多くの予算を投じることになっている。

小惑星の捕獲計画は、NASAの2014年度予算の一環として、バラク・オバマ米大統領が4月10日に発表した国家予算案に盛り込まれており、同計画には差し当たって1億400万ドルの予算がついている。

NASAのロバート・ライトフット(Robert Lightfoot)長官代理がプレゼンテーションで明らかにしたミッションのスケジュールは、2016年に捕獲する小惑星を選定、2019年に小惑星を 捕獲、そして2021年に移動させた小惑星に最初の有人飛行を行うというものだ。

小惑星捕獲計画を作成したケック宇宙研究所チームのポール・ディモタキス(Paul Dimotakis)氏は、ミッションの物理的性格からして、NASAが捕獲目標とするのは500~1000トンの比較的小さな小惑星になると述べている。

捕獲に適した小惑星を見つけることは簡単ではないとディモタキス氏は言う。小惑星まで飛ばせる宇宙船のサイズや、宇宙船が小惑星を押したり引いたりして動かせるパワーは限られているため、補足する小惑星は1000トン以下でなくてはならない。

さらに、小惑星は引き寄せなくともいずれ地球と月の周辺まで来るような軌道上になくてはならない。捕獲用の宇宙船には、500~1000トンもの小惑星の方向を劇的に変えるほどのパワーも燃料もないとディモタキス氏は述べる。

太陽系で小惑星の軌道が最も集中しているのは火星と木星の間の小惑星帯だが、NASAは地球近傍の周辺にある小惑星を探す計画だ。

ボールデン長官とディモタキス氏はこの計画を実行すべき理由をいくつも挙げたが、中でも強調したのが以下のようなものだ。

小惑星は太陽系で最も古い天体に属するため、詳細に調査できる場所に小惑星を持ってこられれば、初期太陽系に関する理解を大幅に深めることができるとディモタキス氏は言う。

また、オバマ大統領が2030年代の実現を目指す火星への有人飛行をアメリカの宇宙探査の長期目標とするなら、ミッション実現の準備段階として達成可能な計画を設定する必要がある。

小惑星が月の軌道上、または地球と月の重力がほぼ同じになる月に近いラグランジュ点(L2)に置かれれば、そのような計画の目的地として利用できる。ま た、NASAが開発中の宇宙船「オリオン」や次世代大型ロケットシステムSLS(Space Launch System)の使い道もできる。

そのほか、今年2月にロシアの都市チェリャビンスクの上空で重さ1万1000トンの隕石が爆発し、そのわずか16時間後には、それよりずっと大きな小惑星が地球のそばを通過するなど、小惑星衝突の問題が最近ますます緊急性を帯びてきているという事情もある。

小惑星回収プロジェクトを支持するもう1つの理由は、急成長する民間の宇宙企業やプロジェクトにかかわるものだ。小惑星に存在すると考えられている希少 で価値のある金属を採鉱する計画を複数の企業が提案しており、近くに採鉱可能な場所ができれば、開発に急速にはずみがつく可能性がある。


コメントを残す