Ruby無償配布、Java変遷など

Rubyのテキストが無償配布されています。中学生向けに作成されたものなので大変わかり易いかと思います。以下をご覧ください。

松江市が中学生Ruby教室用ソフト一式をGitHubで公開、テキストもCCで無償配布:ITpro http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130627/488123/

ソフトウエア開発プロジェクトホスティングサイトの「GitHub」の、rubycitymatsueのリポジトリhttps://github.com/rubycitymatsue

テキストもすでに2012年にクリエイティブ・コモンズ(CC)ライセンスで無償配布している。http://www1.city.matsue.shimane.jp/sangyoushinkou/ruby/rubycity/junior-ruby/junior_ruby.html

オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby http://www.ruby-lang.org/ja/

Rubyの開発者であるまつもとゆきひろ氏は島根県在住名誉市民となっています。このために松江市が先導してRuby普及に務めているようです。

またJavaの変遷がよく分かるスライドがこちらにあります。こちらもなるほどなー、と思わせるスライドです。最新のJAVASE8まで掲載されていますので見ていて楽しいと思います。是非どうぞ。


コメントを残す