SAS® University Edition for VMware Playerのインストール方法

 


 

 

今まで医薬系以外の統計ソフトとしてはSASは敷居が高く敬遠されてきたのですが、ついに無料で利用可能になりました。ただし商用以外ということでUniversity Versionとなっています。ダウンロードはこちらから。

http://www.sas.com/en_us/software/university-edition.html

Oracle Virtual Boxでのインストール方法は色々掲載されています。

ところがVM Ware Player上でのインストール方法がどこにも載っていないようでした。ので紹介します。簡単です。Linuxを普段VMで扱う人、VMに慣れている人にはオススメかも。基本的にはこちらのマニュアル通りにやれば全く問題なしです。

http://support.sas.com/software/products/university-edition/docs/SASUniversityEditionQuickStartVMwarePlayer.pdf

まずはSAS University Edition, VM Ware Playerをダウンロードします。

https://my.vmware.com/jp/web/vmware/free#desktop_end_user_computing/vmware_player/6_0

VMは言われるがままにインストールしてください。このヴァーチャルマシン上でLinuxを動かすかのごとくSASを動かす感じです。まあ実際Linux basedになっているわけですが…。

まずPlayerを起動させて「仮想マシンを開く」をクリックしてください。

スクリーンショット 2014-07-21 17.12.18そしてダウンロードを解凍したらでてくる「SAS-University-Edition.vmx」を選択しクリック。

スクリーンショット 2014-07-21 17.14.30選択したら

スクリーンショット 2014-07-21 17.17.22とりあえずこれでOK。つぎに作業用フォルダの設定をします。

適当な場所に「SASUniversityEdition」とサブフォルダとして「myfolders」の作成をします。このフォルダをSASシステムとファイルを共有させることになります。

スクリーンショット 2014-07-21 17.20.37「仮想マシンの設定の編集」をクリックし、オプションタブを選択、共有フォルダをクリックします。ここで先ほど作成した「myfolders」の選択をします。フォルダの共有で「常に有効」のチェックボックスをクリックしたあとに「追加」をクリック。するとVMWareのウィザードが開きます。

スクリーンショット 2014-07-21 17.42.40

フォルダを指定するため「参照」ボタンを押してから先ほど作成したフォルダを指定します。

スクリーンショット 2014-07-21 17.44.22OKを押して次へ、次へ、完了とそのまま操作すれば完了です。

仮想マシンの設定の編集を終了し、あとはSASを起動するだけです。仮想マシンの再生をクリック、VM Ware Playerは最小化しておいてブラウザを起動しておけばSASが起動します。しばらく時間がかかります。

スクリーンショット 2014-07-21 17.49.43しばらくするとこのような画面が出てくるのでローカルのhttp://192….のアドレスをウェブブラウザに入力すればSASが起動します。

SASwelcomeSASのいつものロゴが、ワクワク♪。

SASstartこのような画面が出てくれば、完了です。Enjoy SAS statistics !!!!!!!!!!!

 



コメントを残す