【毎日更新予定…】11月28日アイソン彗星の位置


//–定型文、同じ文章です。–
毎日、但し体力が続く限りですが…、アイソン彗星の位置情報をステラリウムのイラスト入りで掲載していきます。

イラストはJPG形式にします。また、もしこんな図がほしい、というリクエストがございましたらメール等でご連絡いただけると幸いです。info () scientific-global.netとなります(()はアットマークが入ります)。
//—-

 

昨日もお伝えしましたが、アイソン彗星の観測は太陽に非常に近づいており無理でしょう。朝6時35分での見え方(見えないかと、位置関係のみ)を示します。

ison131128

ア イソン彗星の位置(拡大)。既に日の出を迎えています。近日点に近づいており、太陽にに非常に接近しています。恐らく本日よりSOHO imageで見られるのではないでしょうか。一応リンクを張っておきます。1分更新ですのでリンクをクリックしてみてください。変わらない場合はこのホームページを更新させ、リンクをクリックしてみてください。

http://sohowww.nascom.nasa.gov/data/realtime/c2/1024/latest.jpg
http://sohowww.nascom.nasa.gov/data/realtime/c3/1024/latest.jpg

加えて太陽観測衛星STEREO-Aによるアイソン彗星とエンケ彗星の動画が入手できました。太陽風と尾がドラスティックに変化しています。こちらも合わせてお楽しみください。

http://www.spaceweather.com/images2013/25nov13/ison_encke_nov19_23_crop_hi1a.gif


【できるだけ日刊】11月27日早朝のアイソン彗星の位置

//–定型文、同じ文章です。–
毎日、但し体力が続く限りですが…、アイソン彗星の位置情報をステラリウムのイラスト入りで掲載していきます。

イラストはJPG形式にします。また、もしこんな図がほしい、というリクエストがございましたらメール等でご連絡いただけると幸いです。info () scientific-global.netとなります(()はアットマークが入ります)。
//—-


本日のアイソン彗星以降、観測は非常に難しいです。ハイアマチュア以上の方でない限り観測はやめたほうがよいでしょう。参考までに横浜での朝6時10分での見え方(見えないかと、位置関係のみ)を示します。

ison131127

アイソン彗星の位置(拡大)。水星と土星の更に10°真下、地平線に近く検出は困難です。近日点に近づいており、太陽にも接近しています。この30分後には太陽が登ってきます。拡大による観望は目を痛める可能性があります。非常に明るくなっていて尾だけ見える、というようなことがない限り難しいです。最新のニュースで情報だけは仕入れておくのが良いかと思われます。ツイッターなどでも配信しますのでフォローいただけると幸いです。


【できるだけ日刊】11月26日早朝のアイソン彗星の位置

//–定型文–
毎日、但し体力が続く限りですが…、アイソン彗星の位置情報をステラリウムのイラスト入りで掲載していきます。

イラストはJPG形式にします。また、もしこんな図がほしい、というリクエストがございましたらメール等でご連絡いただけると幸いです。info () scientific-global.netとなります(()はアットマークが入ります)。
//—-


本日のアイソン彗星、昨日より観望は厳しくなります(但しバーストした場合は嬉しい誤算ですが)。明け方6時00分くらい、水星と土星が非常に接近していますがそのさらに下の位置にあります。推定等級は2等級くらいですが、淡くまた大気減光も激しいので最低でも双眼鏡が必要かと思われます。以下に明け方6時00分のアイソン彗星の位置を示します。

ison131126

アイソン彗星の位置(拡大)。地平線に近く検出は困難です。近日点に近づいており、太陽にも接近していることから初心者には観望は向きません。拡大による観望は目を痛める可能性があります。専門のガイドでも検出が困難と思われます。


【できるだけ日刊】11月25日早朝のアイソン彗星の位置


//–定型文–
毎日、但し体力が続く限りですが…、アイソン彗星の位置情報をステラリウムのイラスト入りで掲載していきます。

イラストはJPG形式にします。また、もしこんな図がほしい、というリクエストがございましたらメール等でご連絡いただけると幸いです。info () scientific-global.netとなります(()はアットマークが入ります)。
//—-

本日のアイソン彗星、昨日より観望は厳しくなります(但しバーストした場合は嬉しい誤算ですが)。明け方5時45分くらい、水星のやや右側、水星と土星と直角三角形を作る位置にあります。推定等級は2等級くらいですが、淡くまた大気減光も激しいので最低でも双眼鏡が必要かと思われます。以下に明け方5時45分のアイソン彗星の位置を示します。

ison131125-1

アイソン彗星の位置(拡大)。地平線に近く検出は大変ですが、水星と土星をまずは見つけると良いと思います。


【できるだけ日刊】11月24日早朝のアイソン彗星の位置


今日から毎日、但し体力が続く限りですが…、アイソン彗星の位置情報をステラリウムのイラスト入りで掲載していきます。

イラストはJPG形式にします。多分大丈夫かと思います。また、もしこんな図がほしい、というリクエストがございましたらメール等でご連絡いただけると幸いです。info () scientific-global.netとなります(()はアットマークが入ります)。

本日のアイソン彗星の位置ですが、明け方5時半くらい、水星のやや右側、水星と土星とちょうど横に二等辺三角形を作る位置にあります。推定等級は2.5等級くらいです。淡くまた大気減光も激しいので最低でも双眼鏡が必要かと思われます。以下に明け方5時半のアイソン彗星の位置を示します。

ison131123-1

アイソン彗星の位置(広角)。東南東~南東の位置にあります。北から120°の位置です。

ison131123-2

アイソン彗星の位置(拡大)。地平線に近く検出は大変ですが、水星と土星をまずは見つけると良いと思います。


ステラリウム(Stellarium)でアイソン彗星を表示させる


おそらく多くの方が使っているオープンソースの天文ソフト「ステラリウム」ですが、このバーチャルな天文空間に彗星を表示させてみましょう。

多くのリストされている彗星は既にインストールした時にバンドルされていますが、新しく発見された彗星、及び軌道が改正されたものについてはアップロードをする必要があります。今回はその方法について示します。

まずはステラリウムを開き、横のタブの「設定画面F2」をクリックしてください。すると次のような半透明の画面が現れます。CometOnStellarium1この中の右のタブ「プラグイン」の太陽系エディターを選択し、設定ボタンをクリックしてください。すると次の太陽系エディター画面、彗星などのリストが現れます。

CometOnStellarium2このタブの下の方に”Import orbital elements in MPC format…”というボタンがあるのでこれをクリック。

CometOnStellarium3続いてImport data画面、Listsタブが出てきます。この中で”Select the type”を「彗星」、”Select the source”では”Download a list of objects from the internet”のラジオボタンを選択、”MPC’s list of observable comets”をセレクトします。そして”Get orbital elements”ボタンをクリック。

CometOnStellarium4既存のものを上書きするかアップデートするかを選択し、”Mark all”で全て選択させ、”Add objects”ボタンをクリック。これで彗星の軌道要素が更新される(はず)です。

実際に彗星を検索する場合はStellarium横のタブ「検索画面F3」で下の画面のように”C/2012 S1″と入力するとアイソン彗星が出てきます。

CometOnStellarium5他の明るい彗星も同じ入力で検索できるので試してみてください。

Stellariumの星雲星団の写真を増やす方法その1

さていつも大変お世話になっているオープンソースのステラリウムですが、メシエ天体などを拡大するとその本体がクローズアップされて閲覧ができます。それらはPNG写真ファイルとリストのjson, その他の設定ファイルから構成されているのですが、こちらからバージョンアップができますので参考まで。

http://stellarium.org/wiki/index.php/Nebula_images のページにある modified and additional textures for version 0.10.6.1のリンクをクリックする。

hpNebulaImages
このHPの文章の最初、 modified and additional textures for version 0.10.6.1 をクリック。

ZIPファイルでダウンロードが始まり、解凍ソフトがお手持ちのPCにある場合は自動解凍します。

それをC:\Program Files\Stellarium\nebulae\default の中の写真ファイルを破棄してダウンロードした写真ファイルとその他ファイルをそのまま置換します(お手持ちのPCのスペックによりフォルダが異なる場合がありますが、取り敢えずプログラムファイル中のdefaultフォルダを目指してください)。

サムネイルから綺麗です。
サムネイルから綺麗です。

 

ステラリウムを起動。無事にこれまでなかったNGC55などの天体が表示されます。

NGC55。従来のデフォルトフォルダは拡大しても何も得られませんでした。
NGC55。従来のデフォルトフォルダは拡大しても何も得られませんでした。

ということでお試しあれ。マニュアルで増やすにはファイル設定とそれに対応した天体のPNGファイルが必要かと思われます。