ラブアース・クリーンアップ in 北海道 2013 のお知らせ

http://www.love-earth-hokkaido.jp/love-earth/news/index.php

11日まで受付しております。北海道は晴天が続き、一年で最も清々しい季節です。興味のある方は是非ご参加ください。

 

ごみ拾い活動からつづく環境活動「ラブアースの森づくり」。

2013年度の第2回目は、下刈り作業。
植樹した樹木たちがより良い環境で成長できるように、樹木周辺の草刈を行います。

刈払い機の使用体験もできます。

■日  時 2013年6月16日(日)9:00~14:00(終了時間は目安です)
■場  所 札幌市北区茨戸川緑地公園→ マップ
■集  合 8:50までに現地(送迎バス=8:00に大通公園から出発)
■持ち物 軍手、昼食、飲み物、タオル、帽子・長靴・雨合羽など(雨天の作業の準備)
■参加費 無料
■申込方法 参加者の住所・氏名・電話番号を記入し、FAX・メール等でお申し込み下さい。
申込用紙→ ダウンロード
■申込・問合 認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク

〒064-0809  札幌市中央区南9条西3丁目1-6 彩木ビル2F
・電話 011-531-0482
・FAX/ 011-531-0483
・E-mail/ office☆kitanet.org (☆を@に変えてご送信ください)
■申込締切 6月11日(火)

■主催 認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク
NPO法人森林遊びサポートセンター

無料統計ソフトRのマニュアル類

オープンソースのソフトウェアだけあってマニュアルも様々な方が執筆されています。

東工大の間瀬博士が以下のサイトを持ち、マニュアルをアップロードしています。maselab/R- Dept. of Math. & Comput. Sci. http://www.is.titech.ac.jp/is-wiki/?maselab%2FR

またR-Tips http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r.html も非常に細かく書かれており、大変参考になります。

コマンドラインでの記述が苦手な方にも朗報です。RコマンダーなるパッケージソフトがR上でダウンロード出来ます。これを利用すれば主な計算がコマンドを覚えることなしにGUI的に操作可能です。こちらも是非お試しを。R言語マニュアル1 – Pukiwiki http://web.sfc.keio.ac.jp/~maunz/wiki/index.php?R%B8%C0%B8%EC%A5%DE%A5%CB%A5%E5%A5%A2%A5%EB1

 

3Dプリンタには3Dスキャナを

こんな記事を見つけました。

家庭で手軽に立体スキャンができる「デスクトップ3Dスキャナ」開発プロジェクトが出資者を募集中 – GIGAZINE http://gigazine.net/news/20130218-desktop-3d-scanner/

これから月面開発をする際にも3Dプリンタ仕様の可能性が示唆されているとおり、ものづくりの根底を覆すようなものであると思われます。この3Dプリンタ技術は昔から有るものですが、昨今のコンピューターの性能向上によりさらに手軽に扱えるようになっています。しかしながら製作においては3D-CADのスキルが必要であったり困難を伴います。それらのデータも将来的には手軽にダウンロード可能になるとは思いますが、自分の希望の物体が複製できたり新しい部品を作ったりするときにはこのスキャナがあると非常に便利ですね。

ツイッターやフェイスブックでも言及しましたが、この技術、日本でやろうとしたならあらゆる業界から挙ってバッシングを受けるでしょう。まだまだ町工場の制度には問うて及ばないかとは思いますが、潜在的な脅威となるからです。

確かに技術力は高いに越したことはないですが、それに固執すると周りが見えなくなります。これからの世界はそうではいけません。本件に限った話ではなく、何に対しても常に森を見てチェックしながら目の前の木を見ることがこれからの日本には必要と思われます。