「データアナリティクスサービス・解析トライアル」のご案内

Scientific-Global.netのサービスであります「データアナリティクスサービス」では、ワンストップで解析からレポーティングまでの一貫したサービスとして行っており、好評を博しております。

しかしながら「とりあえずお試しで」という方のためにも当サービスの「解析トライアル」をサービスとして提供しております。

R、 SPSS、エクセル等による信頼できる統計ツールを用いて、テキスト等による簡易的なレポートを行うサービスもご利用いただけます。

  • 「ワンストップも便利そうだが、初めて利用するのでどんな感じなのか、とりあえずお試しで」
  • 「コストを抑えて分析を依頼したい」
  • 「時間がないのでとりあえず結果と簡単なコメントだけほしい」

などなど、様々なケースが想定されますが、そんな時当トライアルをご利用いただけると非常に便利です。

残念ながら無料・無償にはなりません。とはいえ他社様よりは格段にリーズナブルな価格で、しかも研究者によるサイエンスベースでの結果は、皆様より大きな信頼を、おかげさまで得ております。

ぜひ「データアナリティクスサービス・解析トライアル」もご利用いただければ幸いです。

以上「データアナリティクスサービス・解析トライアル」のご案内でした。ありがとうございました。

Ruby無償配布、Java変遷など

Rubyのテキストが無償配布されています。中学生向けに作成されたものなので大変わかり易いかと思います。以下をご覧ください。

松江市が中学生Ruby教室用ソフト一式をGitHubで公開、テキストもCCで無償配布:ITpro http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130627/488123/

ソフトウエア開発プロジェクトホスティングサイトの「GitHub」の、rubycitymatsueのリポジトリhttps://github.com/rubycitymatsue

テキストもすでに2012年にクリエイティブ・コモンズ(CC)ライセンスで無償配布している。http://www1.city.matsue.shimane.jp/sangyoushinkou/ruby/rubycity/junior-ruby/junior_ruby.html

オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby http://www.ruby-lang.org/ja/

Rubyの開発者であるまつもとゆきひろ氏は島根県在住名誉市民となっています。このために松江市が先導してRuby普及に務めているようです。

またJavaの変遷がよく分かるスライドがこちらにあります。こちらもなるほどなー、と思わせるスライドです。最新のJAVASE8まで掲載されていますので見ていて楽しいと思います。是非どうぞ。

環境教育プログラムの指導者養成講座のお知らせ

環境教育プログラムの指導者養成講座開催のお知らせです。
興味関心のある方は下記をお読みいただき、適宜ご応募ください。

プロジェクト・ワイルドは、

野生生物及び野生生物の生息する環境を題材に環境教育を展開するプログラムです。
自然環境について学ぶだけでなく、プログラム中の様々な体験を通じ、ソーシャルスキルを身につけることも可能です。
このプログラムの指導者養成を行います。
この講座は日本事務局公認の本篇・水辺編の講座であり、シニアファシリテーターが講師を務めます。
講座の修了者は、エデュケ―タ―(一般指導者)に認定されます。
本篇有資格者であれば、資格修得地にかかわらず水辺編修得のための参加も可能です。

開催日 2013年7月28日(日)
時間 9時30分から16時30分
会場 大阪府営錦織公園(富田林市)
対象 18歳以上

受講料 ①8000円(テキスト2冊、保険、プログラム費が含まれます)
②水辺編修得のための受講 4500円(水辺編テキスト、保険料、プログラム費)
※本篇のテキスト及び、本編修了証のコピーをご持参ください。
③ペーパーエデュケ―タ―のチャレンジ受講 2000円(保険料、プログラム費)
※本篇、水辺編のテキストをご持参ください。

講師 後藤清史(野の塾工房たまご代表、大阪大学高等教育推進機構非常勤講師)

主催 大阪府営錦織公園 指定管理者みどり会
申込方法 電話で公園管理事務所まで事前にお申込みください。
?(0721)24-1506
http://www.nishikori-park.jp/

以上、よろしくお願いします。

右のお問い合せバナーを作成しました

お問い合わせバナーを作成しました。

メールによるお問い合せはバナーをクリックいただければメーラーが立ち上がります。またリンクはないですが、電話によるお問い合わせ、ケータイによるリンクのテキストも残してありますのでご利用ください。

明日はインターネットで役割を終える産業についてアップします。お楽しみに。