太陽エネルギーから効率3%で水素を発生(NEDO発表)

こちらはエネルギー発生側でのブレイクスルーに関する記事となります。
“NEDOなど、水から水素生成で変換効率3%達成

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と三菱化学などの研究グループは、光触媒を使って水から水素を生成する人工光合成で世界最高水準となる3%の太陽光エネルギー変換効率を達成した。” http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161015-00010004-newswitch-sctch&pos=3

先日紹介したChem-Stationでも報告されています。

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と三菱化学などの研究グループは、光触媒を使って水から水素を生成する人工光合成で世界最高水準となる3%の太陽光エネルギー変換効率を達成した。2015年3月に2%へ到達後、光触媒の作り方を改善して1年半で1ポイント向上させ、植物の光合成の10倍に高めた。寿命も延ばし、水素発生を安定化させた。今後は21年度に実用化の水準となる10%を目指す。(引用:ニュースイッチ 2015年10月15日)” http://www.chem-station.com/chemistenews/2016/10/photosynthesis.html

 

太陽光発電は現在18~20%程度と思われますのでまだまだですが、こちらのエネルギー発生側でのブレイクスルーも楽しみな結果が出ています。量産体制に入った時の生産効率も合わせて議論したいところです。

 

 

中小企業・個人事業主の皆様へ、データ・ドリブン・ビジネスによる事業パートナーの募集

個人経営や中小企業の皆様、データが溜まっているがどう活用して良いのか、とお困りの方もおられると思います。そんな皆様と我々がコラボレートし、ともにビジネスを盛り上げて行きたいと考えています。

もちろん科学的なコンサルティングを行いますので、至極当然の結果や予想外のブレイクスルーなど、様々な示唆を与えるかと思います。それらがナレッジとなって次のビジネスステージへと登って行くことができるのです。

アイデアをお持ちの個人経営や中小企業の皆様、ぜひ我々Scientific-Global.netのデータドリブンビジネスサービスをご用命いただければ幸いです。

また中小企業向け、個人事業向けにデータ分析・解析サービス(データアナリティクスサービス)も行っております。こちらも合わせてご利用ください。

アイソン彗星最新情報とすばる超高視野カメラ


 

 

トピックス – 新型の超広視野カメラが開眼、ファーストライト画像を初公開 http://www.subarutelescope.org/Topics/2013/07/30/j_index.html

M31

http://www.subarutelescope.org/Topics/2013/07/30/fig1j_s.jpg

これはすごいですね。M31をここまで細かく見られるとは思いませんでした。これはこういう研究アプローチの他、新天体発見にもブレイクスルーを起こすものと期待されますね。

 

そしてアイソン彗星の話題ですが、雲行きが怪しくなって来ました。

今世紀最も明るい「アイソン彗星」、最接近前に早くも縮小か | ワールド | 米国 | Reuters http://jp.reuters.com/article/jpUSpolitics/idJPTYE96T04H20130730

いまいちソースがはっきりしませんが、どうなるのでしょうか。でもまだ誰にもわかりませんから、期待しておきましょう。