The DATA Web版 20140614 統計学無料電子書籍他

これまでベイズ統計学に基づいた研究関連の報告は少数でした。学会や原著論文におけるベイズ統計学を行った際に記述するべき事項などがまとめられています。地味ですが大変有用であると考えます。ベイズ主義による研究の報告方法 http://www.slideshare.net/masarutokuoka/140610-35612411

これはこの分析法だけではなくていろいろ手法はあるかと思います。割と初心者向けかもしれません。仕事をしたら“味”を分析できるようになった:コンビニコーヒーの味に違いはあるの? 科学的に分析した (1/6) – Business Media 誠 http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1406/04/news007.html

無料で大量データの前処理ができるということで今度使用してみたいと思います。Tokyo R #39 高速に前処理するNYSOL http://www.slideshare.net/SatoshiKitajima2/nysol-tokyor39

無料で学べます。とにかく種類豊富ですし学びたいときに学べる、というのは大変便利な時代になったと思います。15 Free (as in beer) Data Mining Books | christonard http://christonard.com/12-free-data-mining-books/

統計ソフトの統計です。R, SAS, SPSSを比較しています。Statistical Language Wars: The Infograph | DataCamp Blog http://blog.datacamp.com/statistical-language-wars-the-infograph/

他、今回はトータル7件です。

 

MCMCによる回帰分析@ベイズセミナー http://www.slideshare.net/TakashiYamane1/mcmc-35636411

「体育会系」から「分析集団」へ  リクルートの研究 – 「失敗経験が強みになります」、分析官が本音トーク:ITpro http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140530/560443/

 

 

 

ある大学入試問題より統計学の問題にTry!

これはベイズ統計学を学んだことのある人の中では、比較的多くの人が知っているのではないでしょうか。旭川医科大学の入試問題でこの問題が出題されたそうです。得られる解は意外といえば意外ですが、よく考えるとなるほど、といった感じです。

時間のあるときにでもトライしてみてください。正解が知りたい方はお問い合せください。こっそりお教えします。

 

-問題ー

「病気にかかっている人」に検査法Tを適用すると98%の確率で病気であると正しく診断されます。

「病気にかかっていない人」に検査法Tを適用すると5%の確率で病気であると誤って診断されます。

病気にかかっている人の割合は3%、かかっていない人の 割合は97%です。この検査法Tを適用して病気だと診断されたとき、 本当に病気にかかっている確率はどのくらいでしょうか?

Webからの統計に関するTipsとおすすめ本

色々調べているうちに統計に関する情報が自然と集まりましたのでご報告です。

1.ある機会があって手にした本です。普遍化させて数式を使う方が経験者には良いが、初学者には具体化した数値での説明が受け入れやすいのでその方向きと思われますが、大変わかり易くて良書です。

史上最強図解 これならわかる!ベイズ統計学 涌井 良幸 http://www.amazon.co.jp/dp/4816351817/ref=cm_sw_r_tw_dp_IrIIrb13NWGWP

2.こちらは使えるかもなので備忘録的に。:ビッグデータ分析ができる無料Excelアドイン – ITmedia マーケティング http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1305/08/news067.html

その他の気になる記事を下記に掲載しますので参考にしてください。主にビッグデータ関連になります。

3.【市場動向】企業システムの変遷に見るビッグデータ潮流の背景
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1207/27/news09.html

4.ITエンジニアがデータサイエンティストを目指すには?
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1305/07/news003.html

5.『ビッグデータの正体 情報の産業⾰命が世界のすべてを変える』〜第1章「世界を変えるビッグデータ」より⼀部抜粋〜
http://gendai.ismedia.jp/articles/print/35742

論文関連のTipsは鋭意製作中です。もう少々お待ちください。

それでは良い週末をお過ごしください。