2013こと座流星群結果、みずがめ座流星群予報

先日事座流星群が極大を迎えました。およそ1時間に20個ほどの流れ星が見られたとのことで、例年通りの出現状況といえるかと思います。

みずがめ座流星群は母天体がハレー彗星です。1986年に回帰でだいぶ経つようですが南半球では1時間に60個ほどのペルセウス座流星群並みの極大を迎えることで知られています。北半球ではそれほど多くは見込めませんが、それでも極大時には多くの流星が見られるようです。今年は6日の明け方が条件がよさそうです。月は細い月が明け方登ってきますが、細いので影響は無さそうです。

以下流星電波観測プロジェクト(http://www.amro-net.jp/)の情報を掲載しておきます。

 

名称(和名) みずがめ座η流星群
学術名(コード) η-Aquarids(ETA)
極大太陽黄経 45°.5
極大時輻射点 赤経 = 338° / 赤緯 = -1°
出現期間 4月19日~5月28日(極大6日10時,好条件)
性質 極大出現数(ZHR):60,光度比2.7,対地速度: 66km/s
母天体 1P/Halley

 

3月11日現在のパンスターズ彗星 最新画像

ようやく北半球でも観測可能な位置に入って来ました。が、高度が低く、さらにこぶりなようでなかなか観測できていないようです。西日本方面で撮影されたと思われる画像が1枚ありました。

少し本格的に機材調整、ロケハンする必要がありそうです。

以下、Spaceweather.comからの画像をお楽しみください。

http://spaceweather.com/submissions/pics/j/Jon-Vreuls-_DSC1621_1363000129.jpg

西日本で撮影されたと思われるパンスターズ彗星です。

http://spaceweather.com/submissions/pics/i/ichikawa-yuichi-Panstarrs20130311_1362998305.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/b/Brian-Peterson-IMG_7876c_1362997046.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/b/Brian-Peterson-IMG_7876_1362996439.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/f/Francisco-A.-Rodriguez-C2011L4_10032013_cred3_1362993941.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/t/Tim-Hutton-IMG_3858.1_1362986147.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/j/Juan-Perez–image_1362986072_lg.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/m/Michael-Daugherty-MB7_7356c_1362984228_lg.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/f/Fred-Espenak-Panstarrs13-0004w_1362983595.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/d/Dan-Schechter-IMG_9692_1362982868.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/t/Tuguldur-Sukhbold-2013-03-10-20.11.47_1362982450.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/j/Jay-Lawson-Reno-and-Comet-PANSTARRS-note_1362978683.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/s/Scott-Sacker-IMG_8773_1362978345.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/r/Richard-Sears-Grabbed-Frame-99-2_1362978245.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/r/Richard-Sears-nocomet10th-094-3_1362978245.jpg

珍しいGIF画像です。これは観測する際の目安にもなるし面白いと思います。

http://spaceweather.com/submissions/pics/m/Michael-Zeiler-CometPanstarrs_1362978163.gif

http://spaceweather.com/submissions/pics/r/Russell-Vallelunga-IMG_0042_02_1362977332.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/m/Malcolm-Park-Panstarrs_1362976999.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/j/Jack-Newton-Panstarrs-J-Newton–R-Beno-3-10-13-_1362976937.jpg

 

C/2012S1 ISON彗星(アイソン彗星)まとめ、更新130205

C/2012S1 ISON彗星(アイソン彗星)まとめ、を更新しました。

これまでの、北半球、南半球で最もよく見える場所、Fernando de Noronha 島でアイソン彗星を見よう、2012年12月24日現在でのアイソン彗星画像集、です。

まもなくパンスターズ彗星が見頃となりますが、アイソン彗星も随時チェックしていますので、時々ご覧になってみてください。

http://scientific-global.net/c2012-s1-ison彗星(アイソン彗星)まとめ/

2013年1月29日現在までのパンスターズ彗星最新画像集

南半球メインで次々に画像が上がってきています。

http://spaceweather.com/submissions/pics/m/Martin-Masek-Jakub-Cerny-Michael-Prouza-Jan-Ebr-Martin-Jelinek-Petr-Kubanek–Panstarrs_23_1_2013_FRAM_9x120secVR_1358984989.jpg
http://members.westnet.com.au/mmatti/Images/2011L4_20130116_mm3b.jpg
http://members.westnet.com.au/mmatti/Images/2011L4_20130119_mm1b.jpg
http://www.possumobservatory.co.nz/C-2011L4-PANSTARRS-41cm@f5,2-ccd1-6x2min-130123-web.jpg
http://www.possumobservatory.co.nz/C-2011L4-PANSTARRS-41CM-F5,2-10x60SEC-1600ASA-20130121UT-web.jpg
http://spaceweather.com/gallery/indiv_upload.php?upload_id=76005
http://i727.photobucket.com/albums/ww271/Rob_Kau/C2011L419Jan2013textb.jpg
http://www.iceinspace.com.au/forum/attachment.php?attachmentid=130670&d=1358637302
http://www.iceinspace.com.au/forum/showthread.php?p=935513
http://www.glitteringlights.com/Images/solarsystem/i-rbtmgmN/0/O/C2011L4_L_10m_sum.jpg
http://www.possumobservatory.co.nz/C-2012L4-PANSTARRS-41cm-f5,2_Newtonian-Paramount_ME-STL11000M-15x1min-clear-1×1-130109UT-web-cropped.jpg
http://farm9.staticflickr.com/8475/8353130740_fcbc91fd02_k_d.jpg

順調に最大光度2~3等級まで上がってきているようです。またレモン彗星(C/2012 F6)も予想外に増光しているようでこちらも2~3等級になるようです。ただし南半球での話で、北半球で見える頃には少し暗くなってからのこと。ですが肉眼等級(~6等級)にはなるようですので、随時お知らせ予定です。

2012年12月3日現在のパンスターズ彗星の位置

本日現在、パンスターズ彗星の画像の情報が届いて来ません。というのも当然でして、現在の地球、太陽、彗星の位置関係は以下の様な感じになっているからです。

20121203PANSTARRS1
赤が地球、黄色が太陽、赤い楕円が地球の公転軌道で水色の点がパンスターズ彗星となります。公転面よりも南はピンク色の線で描かれており、現在はそこに位置しています。北半球からではどうにも見ることができないのはこのせいだからです。

キャプションにも記しましたが、この図の通りちょうど太陽の方向に彗星がいるため、また南の方向に位置しているため日本からはどうにも見ることができません。

因みにシドニー(オーストラリア)からですとこんなふうに見えます。

シドニーの午前3時(日本時間)、見えないことはないですが低空でしかもまだ11等級前後です。まだ慌てることはないでしょう。

まだ11等級前後ですので、これから明るくなるのをじっと待ちましょう。後それでも3ヶ月程度でその勇姿が見られるのですね。楽しみです。

 

近日点直後のアイソン彗星を見られる場所はどこか(南半球編)

さてアイソン彗星(C/2012 S1 ISON)の近日点までちょうど1年前となりました。そこでその近日点に最も近いアイソン彗星を見られる観測スポットを調べてみました、、、の南半球編です。

日本周辺では明け方に近日点を迎えますが、位置関係が太陽の東に位置するため太陽が登ってからしか見られません。

北半球ではカナダからアラスカ方面で近日点直後のアイソン彗星が見られそう、というのは以前の記事で述べた通り。それでは南半球ではどうでしょうか。

その前に南半球ではアイソン彗星は近日点の前、及び後しばらく、というかほとんど見ることができません。北半球でのみその活躍ぶりが見られます。しかし南半球では近日点におけるその姿を一瞬見ることができます。さてその一瞬、Stellariumで色々調べてみましたが近日点(日本時間5時)では太陽が近すぎて日没直後60秒ほど(!)しか拝められません。まさに一瞬ですが、それでも見つけてみました。

世界中で最も明るいアイソン彗星が見られる場所はココ!わずか1分!
どこかというと…。

 

南緯22°44′、西経22°44′、という何ともゾロ目&ダブルスコアのエリアです。ここはどこかというと、、、

 

洋上です…。

 

大西洋の大海原へ観測船を出しましょうか…。わずか1分のために。何とも豪華クルーズになること請け合いです。

ただ、近日点からわずか数分で見られる陸地を見つけました。それは、、、また別の機会に。

 

 

近日点直後のアイソン彗星を見られる場所はどこか(北半球編)

さてアイソン彗星(C/2012 S1 ISON)の近日点までちょうど1年前となりました。そこでその近日点に最も近いアイソン彗星を見られる観測スポットを調べてみました。

日本周辺では明け方に近日点を迎えますが、位置関係が太陽の東に位置するため太陽が登ってからしか見られません。と言うことでダメ。その他の観測サイトでも近日点では良くて太陽とともに登ってくるので厳しいです。

ということで近日点から1時間後で調べてみました。こうするとギリギリISON彗星が見られる観測スポットが存在します。まずは見え方についていつものStellariumでシミュレーションしてみましたのでご覧ください。

太陽が沈んだ直後にアイソン彗星も沈むのでギリギリです。

その場所はスーパーインポーズしている世界地図でも大体わかりますが、カナダのハドソン湾の西になります。日本とは時差が正反対ですのでちょうど沈む太陽が見られます。さてそのサイトをフォーカスしてみると、、、

ハドソン湾の西に位置するチャーチルという小さな港町のようです。

ちょうどこの辺りが近日点1時間後のアイソン彗星が拝められるベストサイトということになります。その後2時間後になるともう少し彗星の太陽に対する離角が良くなり、アラスカあたりでも見ることができます。

北半球ではこのような見え方ですが、北半球と分けたのは南半球にもっと良い場所があるからであり、、、と言うことで次回は南半球で最も見える場所を探索してみたいと思います。