【できるだけ日刊】11月27日早朝のアイソン彗星の位置

//–定型文、同じ文章です。–
毎日、但し体力が続く限りですが…、アイソン彗星の位置情報をステラリウムのイラスト入りで掲載していきます。

イラストはJPG形式にします。また、もしこんな図がほしい、というリクエストがございましたらメール等でご連絡いただけると幸いです。info () scientific-global.netとなります(()はアットマークが入ります)。
//—-


本日のアイソン彗星以降、観測は非常に難しいです。ハイアマチュア以上の方でない限り観測はやめたほうがよいでしょう。参考までに横浜での朝6時10分での見え方(見えないかと、位置関係のみ)を示します。

ison131127

アイソン彗星の位置(拡大)。水星と土星の更に10°真下、地平線に近く検出は困難です。近日点に近づいており、太陽にも接近しています。この30分後には太陽が登ってきます。拡大による観望は目を痛める可能性があります。非常に明るくなっていて尾だけ見える、というようなことがない限り難しいです。最新のニュースで情報だけは仕入れておくのが良いかと思われます。ツイッターなどでも配信しますのでフォローいただけると幸いです。


【できるだけ日刊】11月26日早朝のアイソン彗星の位置

//–定型文–
毎日、但し体力が続く限りですが…、アイソン彗星の位置情報をステラリウムのイラスト入りで掲載していきます。

イラストはJPG形式にします。また、もしこんな図がほしい、というリクエストがございましたらメール等でご連絡いただけると幸いです。info () scientific-global.netとなります(()はアットマークが入ります)。
//—-


本日のアイソン彗星、昨日より観望は厳しくなります(但しバーストした場合は嬉しい誤算ですが)。明け方6時00分くらい、水星と土星が非常に接近していますがそのさらに下の位置にあります。推定等級は2等級くらいですが、淡くまた大気減光も激しいので最低でも双眼鏡が必要かと思われます。以下に明け方6時00分のアイソン彗星の位置を示します。

ison131126

アイソン彗星の位置(拡大)。地平線に近く検出は困難です。近日点に近づいており、太陽にも接近していることから初心者には観望は向きません。拡大による観望は目を痛める可能性があります。専門のガイドでも検出が困難と思われます。


【できるだけ日刊】11月25日早朝のアイソン彗星の位置


//–定型文–
毎日、但し体力が続く限りですが…、アイソン彗星の位置情報をステラリウムのイラスト入りで掲載していきます。

イラストはJPG形式にします。また、もしこんな図がほしい、というリクエストがございましたらメール等でご連絡いただけると幸いです。info () scientific-global.netとなります(()はアットマークが入ります)。
//—-

本日のアイソン彗星、昨日より観望は厳しくなります(但しバーストした場合は嬉しい誤算ですが)。明け方5時45分くらい、水星のやや右側、水星と土星と直角三角形を作る位置にあります。推定等級は2等級くらいですが、淡くまた大気減光も激しいので最低でも双眼鏡が必要かと思われます。以下に明け方5時45分のアイソン彗星の位置を示します。

ison131125-1

アイソン彗星の位置(拡大)。地平線に近く検出は大変ですが、水星と土星をまずは見つけると良いと思います。


【できるだけ日刊】11月24日早朝のアイソン彗星の位置


今日から毎日、但し体力が続く限りですが…、アイソン彗星の位置情報をステラリウムのイラスト入りで掲載していきます。

イラストはJPG形式にします。多分大丈夫かと思います。また、もしこんな図がほしい、というリクエストがございましたらメール等でご連絡いただけると幸いです。info () scientific-global.netとなります(()はアットマークが入ります)。

本日のアイソン彗星の位置ですが、明け方5時半くらい、水星のやや右側、水星と土星とちょうど横に二等辺三角形を作る位置にあります。推定等級は2.5等級くらいです。淡くまた大気減光も激しいので最低でも双眼鏡が必要かと思われます。以下に明け方5時半のアイソン彗星の位置を示します。

ison131123-1

アイソン彗星の位置(広角)。東南東~南東の位置にあります。北から120°の位置です。

ison131123-2

アイソン彗星の位置(拡大)。地平線に近く検出は大変ですが、水星と土星をまずは見つけると良いと思います。


2013年6月下旬のアイソン彗星の位置

最近の全く条件の悪いアイソン彗星ですが、ハッブル宇宙望遠鏡によるISON彗星の画像を見つけましたのでご覧ください。

(解説付き:英語)

NASA – Hubble Captures Comet ISON http://www.nasa.gov/mission_pages/hubble/science/ison-view.html

(画像のみ)

http://www.nasa.gov/images/content/743537main1_ISON673.JPG

現在の日本から見たISON彗星の位置ですが、ここにいます。

ison20130626

日没すぐの西の空、すぐのふたご座あたりです。金星、彗星、ポルックスと丁度四辺形を形作るあたりにいるのですが超低空で見ることができません。暫くこのような状態ですので本格的に見えるのは特集でもあるように10月くらいになることでしょう。

今は土星とこれから来る条件の良いペルセウス座流星群で楽しみましょう。

これからしばらく土星観測の好機です

2013年4月28日に丁度太陽の反対側に土星が位置する「衝」となり、現在はほぼ一晩中観測可能となっています。

そんな土星ですが、土星の輪を見るには望遠鏡が必要です。小型の望遠鏡でも輪が確認できますので観察してみてはいかがでしょうか。

位置は本日9時くらいならば乙女座のスピカとともに南東の方向に明るい土星が確認できます。都市近郊ならばこんな感じで見えると思います。

dirSaturn

望遠鏡で観測可能な環境をお持ちの方は以下のシミュレーション画像のように見えると思います。土星の衛星はタイタンくらいならば見えますが、それ以外は暗くて見えないでしょう。

exSaturn

参考までに去年320mm反射望遠鏡にて簡易撮影した動画映像を御覧ください。簡易式のため大部分でぶれていますがどんなふうに見えるかは確認できるかと思います。

11月27日、28日の金星と土星の接近と半影月食

この2日間は比較的綺麗な天文現象が見られます。まずは金星と土星の接近です。Stellariumによるシミュレーションをどうぞ。

vinusSaturnMer

明け方になりますが、金星と土星が非常に接近した姿が見られます。地平線まで見られるような地域にお住まいの方には朝6時頃水星も登ってきて3惑星が一緒に見られることに。昨日が最接近だったのですが、数日間は接近した姿が見られると思います。

次に28日の半影月食です。23時30分頃に食の最大になります。とは言っても半影月食ですのでかけることはなく、なんとなく暗くなっているかな、という程度かと思います。半影月食は余り見る機会はないかと思いますので、どの程度くらくなるのかを見るには面白いかもしれませんね。

当日の月の位置関係についてこちらもシミュレーションしましたのでご覧ください。

mooneclipse