【できるだけ日刊】11月27日早朝のアイソン彗星の位置

//–定型文、同じ文章です。–
毎日、但し体力が続く限りですが…、アイソン彗星の位置情報をステラリウムのイラスト入りで掲載していきます。

イラストはJPG形式にします。また、もしこんな図がほしい、というリクエストがございましたらメール等でご連絡いただけると幸いです。info () scientific-global.netとなります(()はアットマークが入ります)。
//—-


本日のアイソン彗星以降、観測は非常に難しいです。ハイアマチュア以上の方でない限り観測はやめたほうがよいでしょう。参考までに横浜での朝6時10分での見え方(見えないかと、位置関係のみ)を示します。

ison131127

アイソン彗星の位置(拡大)。水星と土星の更に10°真下、地平線に近く検出は困難です。近日点に近づいており、太陽にも接近しています。この30分後には太陽が登ってきます。拡大による観望は目を痛める可能性があります。非常に明るくなっていて尾だけ見える、というようなことがない限り難しいです。最新のニュースで情報だけは仕入れておくのが良いかと思われます。ツイッターなどでも配信しますのでフォローいただけると幸いです。


【できるだけ日刊】11月26日早朝のアイソン彗星の位置

//–定型文–
毎日、但し体力が続く限りですが…、アイソン彗星の位置情報をステラリウムのイラスト入りで掲載していきます。

イラストはJPG形式にします。また、もしこんな図がほしい、というリクエストがございましたらメール等でご連絡いただけると幸いです。info () scientific-global.netとなります(()はアットマークが入ります)。
//—-


本日のアイソン彗星、昨日より観望は厳しくなります(但しバーストした場合は嬉しい誤算ですが)。明け方6時00分くらい、水星と土星が非常に接近していますがそのさらに下の位置にあります。推定等級は2等級くらいですが、淡くまた大気減光も激しいので最低でも双眼鏡が必要かと思われます。以下に明け方6時00分のアイソン彗星の位置を示します。

ison131126

アイソン彗星の位置(拡大)。地平線に近く検出は困難です。近日点に近づいており、太陽にも接近していることから初心者には観望は向きません。拡大による観望は目を痛める可能性があります。専門のガイドでも検出が困難と思われます。


【できるだけ日刊】11月25日早朝のアイソン彗星の位置


//–定型文–
毎日、但し体力が続く限りですが…、アイソン彗星の位置情報をステラリウムのイラスト入りで掲載していきます。

イラストはJPG形式にします。また、もしこんな図がほしい、というリクエストがございましたらメール等でご連絡いただけると幸いです。info () scientific-global.netとなります(()はアットマークが入ります)。
//—-

本日のアイソン彗星、昨日より観望は厳しくなります(但しバーストした場合は嬉しい誤算ですが)。明け方5時45分くらい、水星のやや右側、水星と土星と直角三角形を作る位置にあります。推定等級は2等級くらいですが、淡くまた大気減光も激しいので最低でも双眼鏡が必要かと思われます。以下に明け方5時45分のアイソン彗星の位置を示します。

ison131125-1

アイソン彗星の位置(拡大)。地平線に近く検出は大変ですが、水星と土星をまずは見つけると良いと思います。


【できるだけ日刊】11月24日早朝のアイソン彗星の位置


今日から毎日、但し体力が続く限りですが…、アイソン彗星の位置情報をステラリウムのイラスト入りで掲載していきます。

イラストはJPG形式にします。多分大丈夫かと思います。また、もしこんな図がほしい、というリクエストがございましたらメール等でご連絡いただけると幸いです。info () scientific-global.netとなります(()はアットマークが入ります)。

本日のアイソン彗星の位置ですが、明け方5時半くらい、水星のやや右側、水星と土星とちょうど横に二等辺三角形を作る位置にあります。推定等級は2.5等級くらいです。淡くまた大気減光も激しいので最低でも双眼鏡が必要かと思われます。以下に明け方5時半のアイソン彗星の位置を示します。

ison131123-1

アイソン彗星の位置(広角)。東南東~南東の位置にあります。北から120°の位置です。

ison131123-2

アイソン彗星の位置(拡大)。地平線に近く検出は大変ですが、水星と土星をまずは見つけると良いと思います。


今日はスーパームーン

1年のうちで最も視直径が大きいスーパームーンの日となっています。

確かに見た感じ大きく見えました。特に地平線に近いと錯覚効果も相まって更に大きく。

天気もよくいつもより大きく天空を駆け巡っております。

11月27日、28日の金星と土星の接近と半影月食

この2日間は比較的綺麗な天文現象が見られます。まずは金星と土星の接近です。Stellariumによるシミュレーションをどうぞ。

vinusSaturnMer

明け方になりますが、金星と土星が非常に接近した姿が見られます。地平線まで見られるような地域にお住まいの方には朝6時頃水星も登ってきて3惑星が一緒に見られることに。昨日が最接近だったのですが、数日間は接近した姿が見られると思います。

次に28日の半影月食です。23時30分頃に食の最大になります。とは言っても半影月食ですのでかけることはなく、なんとなく暗くなっているかな、という程度かと思います。半影月食は余り見る機会はないかと思いますので、どの程度くらくなるのかを見るには面白いかもしれませんね。

当日の月の位置関係についてこちらもシミュレーションしましたのでご覧ください。

mooneclipse

 

札幌近郊の天体観測スポット-南幌温泉付近(初級者向け)-

こちらも札幌から25kmとアクセスしやすく、また南幌温泉が近くにあるためそこから歩いて15分ほどで行ける観測スポットです。
以前紹介した野幌農村公園の近く、千歳川の堤防で、東西南北一様に開けています。開けている分札幌や江別の光を拾う可能性があり、素晴らしい空の暗さは求められないかと思います。

しかし開けている分、簡単に北斗七星やカシオペヤ座の周極(地平線に沈まずに北極星の周りを回ること)が見られると思います。ヒグマの心配もなく安全な場所です。

地図はこちら。

大きな地図で見る