札幌近郊の天体観測スポット-札幌国際スキー場付近(中級者向け)-

ここも機能紹介した豊平峡ダムと同様に非常に星数の多い夜空が見えるものと期待されます。

ただし車でのアクセスを余儀なくされること、また近くにコンビニ等の施設がないこと、かなりワイルドであり、ヒグマのリスクを考える必要が有ることなどから、例えば豊平峡付近がダメならば、という選択肢になるかと思います。

ただ豊平峡よりは開けているのでここも重要なのでは、といったところでしょう。

ちなみに冬はスキー場のナイター照明等があるので適さないでしょう。冬は特に冷えるので宿からの眺め、もしくは弊社の星空サイエンスツアーでの観察を薦めております。

さて場所ですが、いつもの様にGoogleMapで以下のようになります。


大きな地図で見る

付近の写真を昨日撮って来ましたので紹介します。パノラマで撮ったので様子がよりわかると思います。

パノラマで撮りました。ロープの奥がスキー場の駐車場になります。
パノラマで撮りました。ロープの奥がスキー場の駐車場になります。


 

札幌近郊の天体観測スポット-豊平峡ダム駐車場(初級者向け)-

豊平峡温泉から車で約5分ほど登ったところにある自家用車で行ける行き止まりのところに大きな駐車場があります。森の中なのですが比較的視界的に開けていること、札幌から30km以上離れていることなどから大変美しい星空が見えるかと思います。

豊平峡温泉に予約をとって少し星を見に行くのもよし、勿論ペルセウス座流星群などの星空サイエンスツアーでもお手伝いさせて頂きます。3シーズンはヒグマに注意ですが食物は散らかさないのは必須として、光を少し、それと音を鳴らしておけば問題ないかと思います。

場所はこちらになります。

 

大きな地図で見る

現地写真はこちら。本日の豊平峡ダム駐車場です。

わかりやすくパノラマで撮ってみました
わかりやすくパノラマで撮ってみました


 

星空サイエンスツアーに新兵器(大型反射望遠鏡)投入

imageTelescopewithNikon

写真はイメージ(って意味がよくわからないですなんですかね)ではなく実物です。諸事情によりまして全貌はツアーにご参加くださる皆様にのみお見せいたします…いやそのうち公開予定(時期は未定)とします。

本機、某氏のご好意により20cm反射望遠鏡+自動導入装置付き赤道儀を無期限レンタル頂きました。感謝の気持で一杯でございます。最大限利活用させて頂きます。カメラが一昔もふた昔も前のNikonアナログ機なので今後デジイチ、直焦点、拡大撮影システムを組みたいと思います。ただ昔の別メーカーのアタッチメントでしたが偶然にも装着出来ました。テスト撮影を試みたいと思います。

またツアーご希望の方にはもれなく本望遠鏡を駆り出しますので是非とも素晴らしい星空をご堪能いただければと思います。勿論グループ等での参加につきましては総動員いたしまして万全の体制を整えて参ります。

ペルセウス座流星群待ち遠しいですね。それではよろしくお願いします。

 

2013年のペルセウス座流星群予報と流星群ツアーご案内


 

 

今年のペルセウス座流星群は数年来の好条件になっています。月はや半前早々に沈んでしまいますし、極大となる時間帯がアジア圏で最良条件になっています。

こちらの資料をご覧ください。

ペルセウス座流星群に関する情報

名称(和名) ペルセウス座流星群
学術名(コード) Perseids (PER)
極大太陽黄経 140°.0 (8月13日付近※年によって違う)
極大時輻射点 赤経 = 46°.2 / 赤緯 = +57°.4度
出現期間 7月17日~8月24日(極大時刻は年によって違う.観測条件を参照)
性質 極大出現数(ZHR):100,光度比2.6,対地速度: 59km/s
母天体 109P/Swift-Tuttle

http://www.amro-net.jp/meteor-info/08_perseids_j.htm より

 

本年もペルセウス座流星群・星空サイエンスツアーを敢行いたします。ご愛顧いただいている大人気のペルセウス座流星群です。特に12日~13日は大変混雑するかと思われますので、お申し込み、お問い合わせはお早めに。ご連絡はお問い合せフォーム、もしくは右のカラムのお問い合わせ横長ボタンをクリクしてください(メーラーが立ち上がります)。

 

ちえりあにて星空サイエンス教室を行います

少し先の話になりますが、7月にちえりあ主催で星空サイエンス教室を行うことになりました。5回シリーズで太陽系、星座や天体望遠鏡の操作など天体観測の基本から、これから観測できる天文イベントや最先端の天文学などをPCソフトを使いながら、またわかりやすい解説を交えながら学んでいくことになります。

またこれはまだ予定ですが、オプションでScientific-Global.netが行う星空サイエンスツアーの開催も予定しています。内容は以下のとおりです。

内容

1.太陽、地球、月、惑星、星座の位置関係、何故季節によって見え方が違う?

2.月、惑星、星座、星雲・星団、銀河の見え方

3.望遠鏡の種類と仕組み、観察方法

4.いろいろな天文イベント(惑星、日食、月食、流星群、彗星など)と今年の天文イベント

5.実際に星を見てみよう(準備から観測、天体写真のとり方まで)

 

参加最大数は20名ですので、もしご希望の場合は4月下旬当たり、気にしてみてください。本ブログでもまたその時になりましたらご報告いたします。

 

星空/サイエンスツアーお申込み~開催までの流れ ページ作成しました

星空/サイエンスツアーお申込み~開催までの流れ を作成しました。

http://scientific-global.net/星空/サイエンスツアーお申込みの流れ/

星空サイエンスツアー、サイエンティフィックエコツアーの全体的な流れがお分かりいただけるかと思います。

今後共Scientific-Global.netの各種サービスを宜しくお願い申しあげます。

Scientific-Global.net スタッフ一同

 

記事の更新をおやすみします

本日、明日と記事の更新をお休みします。

なおふたご座流星群に伴う星空サイエンスツアーは引き続き募集を行なっておりますので是非ともご参加ください。

まずはお問い合わせを、お待ち申し上げております。

 

以上よろしくお願いいたします。