2013年オリオン座流星群の見え方


 

 

2013年のオリオン座流星群ですが、あいにく満月が邪魔をしてしまうようです。極大時間は午後7時くらい、輻射点はちょうど登るか登らないかといったところですが、とにかく月が明るいので条件は悪いです。

観測する場合は建物などでうまく月を隠しながら月以外の場所を観望するのが良いでしょう。前後数日間は見えますので天気の良い日を狙って。

 

ori

極大日、22日の午前0時の星空。オリオン座流星群の輻射点の位置。ちょうどオリオンが振り上げた棍棒の位置になります(丸い印が輻射点になります)。明るい月が煌々と見えています。

特徴としてはスピードが速く、また明るくて流星痕と呼ばれる流れた後に煙のような痕跡が見られることが多い流星群です。これをたどった延長線上に輻射点があればオリオン座流星群の流星として間違いないでしょう。

この時期の夜は冷え込みますので防寒対策をしっかりと。

2012年オリオン座流星群極大日の星空その他

オリオン座流星群の情報は先の報告でも示したように極大時間は日中なのですが、月明かりが夜はないことなどから条件はまずまずといったところです。

観測のお勧めは,第一候補:21日0時から夜明けまで.第二候補:22日0時から夜明けまで、という流星観測プロジェクトHPのとおりと思われます。以下に21日午前0時の星空と輻射点の位置を掲げておきますので参考にしてください。

 

orionoids 極大日、21日の午前0時の星空。オリオン座流星群の輻射点の位置。ちょうどオリオンが振り上げた棍棒の位置になります。

特徴としてはスピードが速く、また明るくて流星痕と呼ばれる流れた後に煙のような痕跡が見られることが多い流星群です。これをたどった延長線上に輻射点があればオリオン座流星群の流星として間違いないでしょう。

この時期の夜は冷え込みますので防寒対策をしっかりと。

本日のサイエンティフィックニュース2012/9/29

本日のサイエンティフィックニュースは6件です。今日はヤフーニュースが多めですが、これからネイチャー、サイエンスのレビューも行う予定です。そちらの方はもう少々お待ち下さい。個人的には火星に川の痕跡、113番目の元素などが興味を惹かれます。

NASAの火星探査車、「勢いよく流れる川」の痕跡を発見(AFP=時事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120928-00000006-jij_afp-int

<宇宙の火柱>ブラックホール付近で初 測定成功(毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120928-00000013-mai-soci

“宇宙ごみ”が衝突のおそれ NHKニュース
http://nhk.jp/N43m6QR

インド洋海底のプレートが「2つに分裂」、4月スマトラ島沖地震で割れ目(AFP=時事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120927-00000029-jij_afp-int

「1天文単位は1億4959万7870.7キロ」、国際天文学連合が新数値(AFP=時事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120924-00000015-jij_afp-int

<新元素>日本発見の「113番」確定…年内にも命名権(毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120927-00000000-mai-soci

木星に小天体衝突か-米で閃光現象を目撃-(追記、動画あり)

(追記)動画の報告が入って来ました。こちらをどうぞ。

http://www.flickr.com/photos/19299984@N08/7976507568/

 

 

アストロアーツさんから下記の情報が入って来ました。そのまま引用しましたので木星を見る環境がある方は見てください。私も晴れ次第観察してみたいと思います。

 

木星に小天体衝突か 米で閃光現象を目撃
http://www.astroarts.co.jp/news/2012/09/11jupiter/index-j.shtml

10日、木星の表面に小天体の衝突らしき閃光が目撃された。その瞬間をとらえた画像も公開されており、今後は衝突の痕跡が観測できるかどうかに注目が集まる。

米オレゴン州で木星の観測を行っていたDan Petersenさんは、10日11時35分ごろ(世界時。日本時間同日20時半ごろ)に木星表面の閃光を目撃し、月惑星研究会(ALPO)のオンラインフォーラムに報告した。投稿を見たテキサス州のGeorge Hallさんが撮影した木星の動画を確認したところ、その瞬間が見事にとらえられていることがわかった。画像の1コマをHallさんのウェブサイトで見ることができる。

今後の観測で表面に残された衝突の痕跡が確認されれば、小天体衝突はさらに確実だ。木星表面の位置(Pete Lawrenceさんによる図)を参考に観測してみよう。

小天体衝突によると見られる木星の閃光は過去にも数回目撃されており、2010年8月には熊本在住のアマチュア天文家・立川正之さんが、動画で貴重な瞬間をとらえている。