2013年8月22日現在のアイソン彗星-速報


 

ブルームーンといるか座新星で盛り上がっていますが、こちらもそろそろ、満を持して?観測可能となってきたようです。

太陽最接近まであと100日 明け方の空にアイソン彗星再登場 http://www.astroarts.co.jp/news/2013/08/21ison/

13.7等との報告があります。

 

Realtime Image Gallary でもアイソン彗星の写真が出始めてきたようです。

http://spaceweather.com/submissions/pics/c/Christina-082334p232535_20130819_053225_0_8369_l.HM-2.info.added_1376902912.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/d/Didac-Mesa-Romeu-C2012S1_20130811_DID-ret-BO_1376856940.jpg

 

実際はどうなんでしょうね。ヘール・ボップ彗星もすごかったですがHBのほうが暫く非常に明るく見えていたイメージが有りますね。アイソン彗星も同じように明るくなってほしいものです。

3月11日現在のパンスターズ彗星 最新画像

ようやく北半球でも観測可能な位置に入って来ました。が、高度が低く、さらにこぶりなようでなかなか観測できていないようです。西日本方面で撮影されたと思われる画像が1枚ありました。

少し本格的に機材調整、ロケハンする必要がありそうです。

以下、Spaceweather.comからの画像をお楽しみください。

http://spaceweather.com/submissions/pics/j/Jon-Vreuls-_DSC1621_1363000129.jpg

西日本で撮影されたと思われるパンスターズ彗星です。

http://spaceweather.com/submissions/pics/i/ichikawa-yuichi-Panstarrs20130311_1362998305.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/b/Brian-Peterson-IMG_7876c_1362997046.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/b/Brian-Peterson-IMG_7876_1362996439.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/f/Francisco-A.-Rodriguez-C2011L4_10032013_cred3_1362993941.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/t/Tim-Hutton-IMG_3858.1_1362986147.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/j/Juan-Perez–image_1362986072_lg.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/m/Michael-Daugherty-MB7_7356c_1362984228_lg.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/f/Fred-Espenak-Panstarrs13-0004w_1362983595.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/d/Dan-Schechter-IMG_9692_1362982868.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/t/Tuguldur-Sukhbold-2013-03-10-20.11.47_1362982450.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/j/Jay-Lawson-Reno-and-Comet-PANSTARRS-note_1362978683.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/s/Scott-Sacker-IMG_8773_1362978345.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/r/Richard-Sears-Grabbed-Frame-99-2_1362978245.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/r/Richard-Sears-nocomet10th-094-3_1362978245.jpg

珍しいGIF画像です。これは観測する際の目安にもなるし面白いと思います。

http://spaceweather.com/submissions/pics/m/Michael-Zeiler-CometPanstarrs_1362978163.gif

http://spaceweather.com/submissions/pics/r/Russell-Vallelunga-IMG_0042_02_1362977332.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/m/Malcolm-Park-Panstarrs_1362976999.jpg

http://spaceweather.com/submissions/pics/j/Jack-Newton-Panstarrs-J-Newton–R-Beno-3-10-13-_1362976937.jpg

 

2012年12月 ふたご座流星群 結果速報します

2012年12月 ふたご座流星群ですが、活動が始まったようですね。

いつものように“八王子流星電波観望所” http://www5f.biglobe.ne.jp/~hro/index.htm の結果速報サイトをリンクいたしましたのでご覧ください。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~hro/Flash/2012/GEM/GEM-h-W.gif

どうやら活動を開始したようでスロープが立ち上がりつつあるところです(12月8日現在)。ちなみに国内のみの活動は以下のサイトのグラフになります。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~hro/Flash/2012/GEM/GEM-h-J.gif

極大時は1時間に60個ほどの流星が見られます。また今年は月の明るさもありません。極大時刻(JST) は12月14日8時頃となり、若干ずれるようですが、概ね2,3日は沢山の流星が観測できるので期待して良いかと思います。一晩だと軽く100個は超えると思います。ただし非常に寒いので温かい紅茶を体にいれながら、また時折休憩しながら観測するなどして無理なさらないようにお気をつけ下さい。

もちろんふたご座流星群星空サイエンスツアーも開催中です。奮ってご参加ください。

 

 

 

日本国内で近日点直後のアイソン彗星が明るく見える場所はどこか?


日本国内で近日点直後のアイソン彗星が明るく見える場所はどこか?マニアックな問題設定ですができるだけ勇姿を明るく見たいもの。と言うことで力技的に探してみました。

近日点は2013年11月29日朝5時、太陽と彗星の位置関係が日本からは条件が良くなく、その日の太陽が沈んだ後10分程度没前のアイソン彗星が見えている計算となります。

さて最もよく見えるのはどうやら北に行けば行くほど条件が良くなりそうで、答えは北海道となります。理由は2つ、日没が速いので近日点からの時間が近い、のと、太陽と彗星の位置関係上日没後わずかですが出ている時間が長い、事が挙げられます。

以下のシミュレーション結果をご覧ください。日本各地の日没直前のアイソン彗星の位置を示しています。一番上の結果は札幌です。これを見ると札幌はちょうど16:00、明るさは-6.6等級(!)となります。南下して横浜だと16:28、-6.5等級、今度はさらに西へ、福岡で更に遅くなり17:09、-6.3等級、南の沖縄で17:35、-6.2等級となります。札幌は見かけ上太陽の上にありますが、沖縄はかなり右斜め上となります。この影響で札幌では日没後15分ほど観測可能ですが、一方沖縄では7分程度しか観測できません。

この結果は北に行けば行くほど近日点直後のアイソン彗星が拝めることになります。参考ですが、ロシアのカムチャツカ、Петропавловск-Камчатский(読めません!)のアイソン彗星は14:12に日没(!)となり、-7.2等級のアイソン彗星が観測できます。

と言うことで皆カムチャツカに行きましょう、、、とは言いませんが、北海道は観測スポットとして適している一地点となります。アイソン彗星を観測しに札幌へ、是非ともScientific-Global.netのツアーをご利用ください、という手前味噌的な報告でした(笑)。

 

さて次は近日点のアイソン彗星が最も条件良く観測できる場所を探してみたいと思います。

 

木星に小天体衝突か-米で閃光現象を目撃-(追記、動画あり)

(追記)動画の報告が入って来ました。こちらをどうぞ。

http://www.flickr.com/photos/19299984@N08/7976507568/

 

 

アストロアーツさんから下記の情報が入って来ました。そのまま引用しましたので木星を見る環境がある方は見てください。私も晴れ次第観察してみたいと思います。

 

木星に小天体衝突か 米で閃光現象を目撃
http://www.astroarts.co.jp/news/2012/09/11jupiter/index-j.shtml

10日、木星の表面に小天体の衝突らしき閃光が目撃された。その瞬間をとらえた画像も公開されており、今後は衝突の痕跡が観測できるかどうかに注目が集まる。

米オレゴン州で木星の観測を行っていたDan Petersenさんは、10日11時35分ごろ(世界時。日本時間同日20時半ごろ)に木星表面の閃光を目撃し、月惑星研究会(ALPO)のオンラインフォーラムに報告した。投稿を見たテキサス州のGeorge Hallさんが撮影した木星の動画を確認したところ、その瞬間が見事にとらえられていることがわかった。画像の1コマをHallさんのウェブサイトで見ることができる。

今後の観測で表面に残された衝突の痕跡が確認されれば、小天体衝突はさらに確実だ。木星表面の位置(Pete Lawrenceさんによる図)を参考に観測してみよう。

小天体衝突によると見られる木星の閃光は過去にも数回目撃されており、2010年8月には熊本在住のアマチュア天文家・立川正之さんが、動画で貴重な瞬間をとらえている。