2013年オリオン座流星群の見え方


 

 

2013年のオリオン座流星群ですが、あいにく満月が邪魔をしてしまうようです。極大時間は午後7時くらい、輻射点はちょうど登るか登らないかといったところですが、とにかく月が明るいので条件は悪いです。

観測する場合は建物などでうまく月を隠しながら月以外の場所を観望するのが良いでしょう。前後数日間は見えますので天気の良い日を狙って。

 

ori

極大日、22日の午前0時の星空。オリオン座流星群の輻射点の位置。ちょうどオリオンが振り上げた棍棒の位置になります(丸い印が輻射点になります)。明るい月が煌々と見えています。

特徴としてはスピードが速く、また明るくて流星痕と呼ばれる流れた後に煙のような痕跡が見られることが多い流星群です。これをたどった延長線上に輻射点があればオリオン座流星群の流星として間違いないでしょう。

この時期の夜は冷え込みますので防寒対策をしっかりと。

本年も宜しくお願いします、しぶんぎ座流星群速報

今年の天文イベントはすでに特集サイトにしておりますが、なんといっても2つの大彗星パンスターズ彗星とアイソン彗星がどうなるか、といったところでしょう。

その他にも流星群や惑星など、季節によって見頃なイベントが盛りだくさんとなっています。

さて早速年はじめの天文イベント、しぶんぎ座流星群ですが例によりまして活動の様子を速報としてリンクを掲載しておきます。
適宜リロードしてお楽しみいただけます。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~hro/Flash/2013/QUA/QUA-h-W.gif

このしぶんぎ座流星群ですが、活動期間が非常に短いです。1月3日(本日)22時頃の極大のため、輻射点が登ってこない時に極大となります。夜半に登ってきて1時間後に月がのぼってくるのでそれ程条件が良いとはいえないのですが、うまくあたると素晴らしい数の流星が見られることでしょう。

年末年始はブログの更新が不定期となりますが、本年もScientific-Global.netをよろしくおねがいします。

次の主な流星群は2013年りゅう座(しぶんぎ座)流星群

年末23日にこぐま座流星群がありますが、月明かりも少しある上に出現数も余り見込めないでしょう。

次のメジャーな流星群は2013年りゅう座(しぶんぎ座)流星群となります。極大日時は1月3日22時程度で輻射点が登ってくる前に極大となります。この時期の月は下限となり、輻射点が登ってくると1,2時間後に月明かりが気になる感じになり、余り条件は良くないかもしれません。

但しそこは3大流星群の一つですから、月明かり等を避けて観測すると良いことがあるかもしれません。極大日時の前後12感が活動期間と非常に範囲が狭いのでうまく当たれば沢山の流星が拝めると思います。

また近くなりましたら速報サイト等紹介いたします。

 

2012年オリオン座流星群極大日の星空その他

オリオン座流星群の情報は先の報告でも示したように極大時間は日中なのですが、月明かりが夜はないことなどから条件はまずまずといったところです。

観測のお勧めは,第一候補:21日0時から夜明けまで.第二候補:22日0時から夜明けまで、という流星観測プロジェクトHPのとおりと思われます。以下に21日午前0時の星空と輻射点の位置を掲げておきますので参考にしてください。

 

orionoids 極大日、21日の午前0時の星空。オリオン座流星群の輻射点の位置。ちょうどオリオンが振り上げた棍棒の位置になります。

特徴としてはスピードが速く、また明るくて流星痕と呼ばれる流れた後に煙のような痕跡が見られることが多い流星群です。これをたどった延長線上に輻射点があればオリオン座流星群の流星として間違いないでしょう。

この時期の夜は冷え込みますので防寒対策をしっかりと。