「データアナリティクスサービス・解析トライアル」のご案内

Scientific-Global.netのサービスであります「データアナリティクスサービス」では、ワンストップで解析からレポーティングまでの一貫したサービスとして行っており、好評を博しております。

しかしながら「とりあえずお試しで」という方のためにも当サービスの「解析トライアル」をサービスとして提供しております。

R、 SPSS、エクセル等による信頼できる統計ツールを用いて、テキスト等による簡易的なレポートを行うサービスもご利用いただけます。

  • 「ワンストップも便利そうだが、初めて利用するのでどんな感じなのか、とりあえずお試しで」
  • 「コストを抑えて分析を依頼したい」
  • 「時間がないのでとりあえず結果と簡単なコメントだけほしい」

などなど、様々なケースが想定されますが、そんな時当トライアルをご利用いただけると非常に便利です。

残念ながら無料・無償にはなりません。とはいえ他社様よりは格段にリーズナブルな価格で、しかも研究者によるサイエンスベースでの結果は、皆様より大きな信頼を、おかげさまで得ております。

ぜひ「データアナリティクスサービス・解析トライアル」もご利用いただければ幸いです。

以上「データアナリティクスサービス・解析トライアル」のご案内でした。ありがとうございました。

The DATA Web版 20140315

Paper.li のこちらのサイトでデータサイエンス、データジャーナリズム関連に特化したペーパーをScientific-Global.net “The Data” 紙 (http://paper.li/Globalcycles/1320755429) として毎日更新しています。こちらでもWeb版も制作しようと思います。

最新のものからちょっと忘れた古めのものまで、五月雨式に有用な情報をリストアップしていきます。データサイエンティストやデータを愛するすべての皆様、業務や趣味などにお役立ていただければと思います。余裕があればコメントや記事評も掲載いたします。初歩的なものからコアなものまでそろえようと思います(こんなの載せてくれ、自分の記事もよろしくなど情報も大歓迎です)。では以下、ご賞味ください。

 

分析の意味と意義 – takabailandoのブログ http://takabailando.hatenablog.com/entry/2014/03/09/233906

第1回 データ解析の第一歩は計算ではない|2014年2月号|統計の落とし穴と蜘蛛の糸|羊土社:実験医学online https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/statistics_pitfall/pitfall_1.html

あなたのJavaコードをスッキリさせる、地味に便利な新API 10選(前編) – Taste of Tech Topics http://acro-engineer.hatenablog.com/entry/2014/03/12/112402

Concordance between distributions in JAGS 3.3.0, OpenBUGS 3.3.2, and Stan 1.1.0.https://github.com/jrnold/jrnold.me/blob/master/posts/jagsopenbugs-to-stan-distributions.rst

データ分析の実際–果実を収穫するために http://japan.zdnet.com/business-application/sp_14data_scientist/35044680/

【毎日更新予定…】11月28日アイソン彗星の位置


//–定型文、同じ文章です。–
毎日、但し体力が続く限りですが…、アイソン彗星の位置情報をステラリウムのイラスト入りで掲載していきます。

イラストはJPG形式にします。また、もしこんな図がほしい、というリクエストがございましたらメール等でご連絡いただけると幸いです。info () scientific-global.netとなります(()はアットマークが入ります)。
//—-

 

昨日もお伝えしましたが、アイソン彗星の観測は太陽に非常に近づいており無理でしょう。朝6時35分での見え方(見えないかと、位置関係のみ)を示します。

ison131128

ア イソン彗星の位置(拡大)。既に日の出を迎えています。近日点に近づいており、太陽にに非常に接近しています。恐らく本日よりSOHO imageで見られるのではないでしょうか。一応リンクを張っておきます。1分更新ですのでリンクをクリックしてみてください。変わらない場合はこのホームページを更新させ、リンクをクリックしてみてください。

http://sohowww.nascom.nasa.gov/data/realtime/c2/1024/latest.jpg
http://sohowww.nascom.nasa.gov/data/realtime/c3/1024/latest.jpg

加えて太陽観測衛星STEREO-Aによるアイソン彗星とエンケ彗星の動画が入手できました。太陽風と尾がドラスティックに変化しています。こちらも合わせてお楽しみください。

http://www.spaceweather.com/images2013/25nov13/ison_encke_nov19_23_crop_hi1a.gif


【できるだけ日刊】11月27日早朝のアイソン彗星の位置

//–定型文、同じ文章です。–
毎日、但し体力が続く限りですが…、アイソン彗星の位置情報をステラリウムのイラスト入りで掲載していきます。

イラストはJPG形式にします。また、もしこんな図がほしい、というリクエストがございましたらメール等でご連絡いただけると幸いです。info () scientific-global.netとなります(()はアットマークが入ります)。
//—-


本日のアイソン彗星以降、観測は非常に難しいです。ハイアマチュア以上の方でない限り観測はやめたほうがよいでしょう。参考までに横浜での朝6時10分での見え方(見えないかと、位置関係のみ)を示します。

ison131127

アイソン彗星の位置(拡大)。水星と土星の更に10°真下、地平線に近く検出は困難です。近日点に近づいており、太陽にも接近しています。この30分後には太陽が登ってきます。拡大による観望は目を痛める可能性があります。非常に明るくなっていて尾だけ見える、というようなことがない限り難しいです。最新のニュースで情報だけは仕入れておくのが良いかと思われます。ツイッターなどでも配信しますのでフォローいただけると幸いです。


【できるだけ日刊】11月26日早朝のアイソン彗星の位置

//–定型文–
毎日、但し体力が続く限りですが…、アイソン彗星の位置情報をステラリウムのイラスト入りで掲載していきます。

イラストはJPG形式にします。また、もしこんな図がほしい、というリクエストがございましたらメール等でご連絡いただけると幸いです。info () scientific-global.netとなります(()はアットマークが入ります)。
//—-


本日のアイソン彗星、昨日より観望は厳しくなります(但しバーストした場合は嬉しい誤算ですが)。明け方6時00分くらい、水星と土星が非常に接近していますがそのさらに下の位置にあります。推定等級は2等級くらいですが、淡くまた大気減光も激しいので最低でも双眼鏡が必要かと思われます。以下に明け方6時00分のアイソン彗星の位置を示します。

ison131126

アイソン彗星の位置(拡大)。地平線に近く検出は困難です。近日点に近づいており、太陽にも接近していることから初心者には観望は向きません。拡大による観望は目を痛める可能性があります。専門のガイドでも検出が困難と思われます。


【できるだけ日刊】11月25日早朝のアイソン彗星の位置


//–定型文–
毎日、但し体力が続く限りですが…、アイソン彗星の位置情報をステラリウムのイラスト入りで掲載していきます。

イラストはJPG形式にします。また、もしこんな図がほしい、というリクエストがございましたらメール等でご連絡いただけると幸いです。info () scientific-global.netとなります(()はアットマークが入ります)。
//—-

本日のアイソン彗星、昨日より観望は厳しくなります(但しバーストした場合は嬉しい誤算ですが)。明け方5時45分くらい、水星のやや右側、水星と土星と直角三角形を作る位置にあります。推定等級は2等級くらいですが、淡くまた大気減光も激しいので最低でも双眼鏡が必要かと思われます。以下に明け方5時45分のアイソン彗星の位置を示します。

ison131125-1

アイソン彗星の位置(拡大)。地平線に近く検出は大変ですが、水星と土星をまずは見つけると良いと思います。


【できるだけ日刊】11月24日早朝のアイソン彗星の位置


今日から毎日、但し体力が続く限りですが…、アイソン彗星の位置情報をステラリウムのイラスト入りで掲載していきます。

イラストはJPG形式にします。多分大丈夫かと思います。また、もしこんな図がほしい、というリクエストがございましたらメール等でご連絡いただけると幸いです。info () scientific-global.netとなります(()はアットマークが入ります)。

本日のアイソン彗星の位置ですが、明け方5時半くらい、水星のやや右側、水星と土星とちょうど横に二等辺三角形を作る位置にあります。推定等級は2.5等級くらいです。淡くまた大気減光も激しいので最低でも双眼鏡が必要かと思われます。以下に明け方5時半のアイソン彗星の位置を示します。

ison131123-1

アイソン彗星の位置(広角)。東南東~南東の位置にあります。北から120°の位置です。

ison131123-2

アイソン彗星の位置(拡大)。地平線に近く検出は大変ですが、水星と土星をまずは見つけると良いと思います。